gaYa広告

2011年09月14日

50トンのクジラ路上で自爆、腑散乱!

新華社の浙江频道は、マッコウクジラが砂浜で死んでいるところが発見され、その50トンの巨大クジラを台湾の國立台南大學で科学研究するため、輸送中に自爆したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

輸送する途中で、思い付かなかった爆発により、クジラの血と内臓は、台南1条一帯にまき散らされ、一瞬にして、通行人は一面血の雨の中で、内蔵の臭いに恐怖を覚えたと報告している。

國立台南大學のGoogle Earthポインター情報
22°59'2.85"N,120°12'30.28"E
または、
22.984125, 120.208411

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告