2011年09月09日

Androidはスマートフォンの販売で、初めて昔の特徴電話を抜いた。

Cellular-Newsは、IDC(International Data Corporation)からの最新のヨーロッパの携帯電話追跡ツールによれば、消費者がスマートフォン(Smartphones)にますます移るとともに、西欧で特徴電話(Feature Phones)出荷が2Q11に急激に傾き続けたと報告した。

特徴電話出荷は、2Q11の中に2040万ユニットまで29%下がった。
その一方でスマートフォン出荷は1年前から48%から2180万ユニット増加した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、IDCによれば、合計の西欧の携帯電話市場は四半期の4220万ユニットに対して、年に3%年を断った。

スマートフォン出荷が完全な携帯電話出荷の52%に相当して、西ヨーロッパにおいて特徴電話出荷をしのいだのはこれが初めてである。

消費者がAndroidに基づいたデバイスおよびアップルからのiPhoneに行き、ヨーロッパ諸国はみな増加するスマートフォン採用を見ている。

他方で、携帯電話会社はヨーロッパでいつか、特徴電話に補助金を交付することをやめた。

それは、ユーザーにとって、それほど魅力的でなくした。

特徴電話は、単に音声とテキスト用のデバイスを必要とするユーザーをターゲットにした非常に低額のデバイスによって運営転されたスキ間セグメントになっている。

ここまでノキアが落ちて、Windowsで這い上がれるのだろうか?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト