on-the-time.jp

2011年09月13日

フランスにあるヒトラーの壁。

BBC Newsは、ヒトラーが大西洋岸に作った壁の部分が、フランスの熱狂家によって回復されていると報告した。

ナチスの強化壁を国の遺産の一部として完全に包含されるべきであるか大きな話題になっている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

フランスの海岸嘘1,287kmに沿って‥‥戦争時にヨーロッパで最も本質的で最も喚起する遺跡のうちのいくつかとして残っている。

ヒトラーの予期された連合軍の攻撃に対する防衛システム、いわゆる大西洋の壁(Atlantic Wall)は、スペインの国境からスカンジナビアまでずっと伸びた。

必然的に、最も広範囲な建物が起こったのはフランスでだった。

現在も、フランスの海岸に沿って何千もの丸太防塞、バラックおよび銃据え付けを見ることができる。
しかし、フランスでは今まで、この異常な歴史的ランドマークを保存する努力はなかった。

他のところでは、第二次世界大戦燃料庫は観光名所として、あるいは教育の訪問のために一新された。

しかし、今、とても急に新しいムードは出現した。
最近、ウォールの部分の保護に専心的ないくつかのローカル協会がフランスで設立された。

中には、それを使った新しい家もできている。

BBC Newsは2011年03月17日に、第三帝国に関する本がイギリスのベストセラーリストに群がり、クライヴ・アンダーソン(Clive Anderson)は、それが本物の歴史的な関心か、それとも変なフェティシズムの問題であるかと尋ねていると報告した。

BBC Newsは2011年04月18日に、ウィーンでナチが1942年から1945年の間に建設した巨大な「Flaktürme(対空砲火塔/The flak towers)」が6塔もまだ点在して残っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告