2011年09月13日

フランクフルト・モーター・ショー、白熱の競争!

BBC Newsは2011年09月12日に、BBCのビジネス・レポーターであるジョン・マドスィン(Jorn Madslien)が9月13日から25日まで開催されるフランクフルト・モーター・ショー(Frankfurt motor show)についてレポートを公開し、今年のフランクフルト・モーター・ショーが始まるとともに、自動車産業が少数の困難な年の後に、戦って戻ったという明瞭なサインがあると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ほとんどの大企業は、これらの厳粛なときに一層、よりよく適し、より小さく、より質素なモデルを提示して、それらのうち、ほとんど共に下降中に新製品に投資し続けたと報告した。

IHSの自動推進のアナリストであるティム・アーカート(Tim Urquhart)とイアン・フレッチャー(Ian Fletcher)は、
「新しいモデルは興奮させ、創造性と共鳴の不足が、地球規模産業に今のところないことを示す。」と書いている。

フランクフルトは第一にドイツの自動車製造業者のための展示場である。
彼らはこのショーを非常に真面目に受けとめる。

ヨーロッパの最大の自動車製造業者フォルクスワーゲン・グループ(Volkswagen Group)は、打ち解けた座席およびスコーダから超豪華なベントリーおよびブガッティまでに及ぶ、その9つの新しいモデルの着手で、月曜夜にばか騒ぎをキックスタートさせた。

フォルクスワーゲンは、1年当たり300,000の販売を計上すると予想され、小さなシティーカー、一旦姉妹捕獲許可がはまれば、600,000まで上昇すること、およびスコーダは、それらの再度バッジをつけられたバージョンを得て、トップに立つことを宣言している。

フォルクスワーゲンの上流階級層向けアウディは、一連のプロトタイプをまた発表する。
再起したA2と同様に軽量の都市の勇士も含んで、小さな‥‥また電気的な両方も発表する。

ヴォクソール/オペル(Vauxhall/Opel)は、さらに「緊縮財政上で、より若いドライバーのために、都市交通を革新することができた。」と2人乗りの電気プロトタイプを引き立てている。

ヨーロッパ・フォード(Ford of Europe)が、設計の点から米国の自動推進の巨人内にどのように先頭に立つか、一方でフォードのカモメ型翼のEvosコンセプトが示している。

小さな電気自動車テーマは、BMWによって拾い上げられている。

その一方でメルセデスは、今後の数年で始められる準備ができていたいくつかのスモール・カーに使用される前輪駆動技術を備えた新しいBクラス・モデルで成功しているかもしれない。

そのドイツ自動車産業に向けて、韓国の自動車製造業者「Kia」と「Hyundai」が殴り込みを掛けている。
ヨーロッパの好みに訴えることを確かめるために、年ここで設計センターを確立した。

ヨーロッパで自動車と言えば、イギリス、フランス、イタリアが何をしでかすのか注目されている。

ミニはその最初の2人乗り自動車を発表し、クーペ、ランドローバーは新しい支持者プロトタイプを示している。
ジャガーは、それが「e-タイプの精神的な後継者」と評する自動車を表示する。

フランスのプジョーとシトロエンは、生産即座のディーゼル・エレクトリック方式のハイブリッドで殴り込みを掛けた。

スウェーデンのボルボは、ディーゼル・エレクトリック方式のハイブリッドが電気用プラグとともに来る。

イタリアのフィアットがフォルクスワーゲンと競争する全く新しいパンダを考え出している一方、ルノーはそのTwingoに美容整形を与えている!。

日本人自動車製造業者は、先の3月の津波、地震および核災害の結果として立ち直ろうとまだ努力している。
トヨタは、新しいHiluxピックアップ・トラックを紹介する。
ホンダは、新しいCivicを持ってくる。
スバル、小さなSUV、CX-5を持ってくる。
マツダの新しいモデルは、根本的に異なる設計の車を紹介してくる。

しかし、日産はこのショーを基本的にスキップした。
それはまた、勇気ある決断であった。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。