2011年09月05日

トヨタは、ハイブリッド・カーを中国でも作る!

BBC Newsは、トヨタが初めて、日本以外でハイブリッド車の主要なコンポーネントを製造して、販売を上げることを計画していると報告した。

本土から高まる需要を満たすために、中国の研究開発設備で部品を作り始めることにした。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

中国は世界の最も汚染が酷い国のひとつだが、ハイブリッド車の販売は毎年、着実に成長すると予想されている。

トヨタは世界最大の自動車メーカーである。

トヨタのスポークスマンであるポール・ノルスコ(Paul Nolsco)は、
「みんなは、中国がすべての自動車製造業者の非常に重要な市場になると認めます。」
「私たちが中国で達成することを望んでいるスケールを考えて、そこでこれらの部品を作るより財政的な意味になります。」と、彼は言い足した。

トヨタは、中国の施設で電動モーターとバッテリーを製造すると言ったが、最終決定はまだ決まっていない。

また、中国は、トヨタが日本の外で、プリウス・ハイブリッド車を組み立てて、生産し始めたの最初の国であった。

しかし、それらの車のための主要なコンポーネントは、トヨタの日本工場で製造されて、中国の組み立て工場で流れ作業生産された。

アナリストは、それが中国で価格を押し上げたと言った。

CLSAアジア・パシフィック・マーケットのクリストファー・リッチャー(Christopher Ritcher of CLSA Asia-Pacific Markets)は、
「部分が高価過ぎたので、その車は基本的に音を上げた。」

トヨタは、結局、プリウスの中国での生産を中断させた。

クリストファー・リッチャーは、これらの部品の製造を中国に移行させるというトヨタの決定が、より安い部分をもたらして、結局より良い販売になると言った。

しかし、ノキアがなぜ、ベトナムに工場を移転させるかと言うことである。
ノキアの極秘情報の漏洩で、コピー商品の氾濫を招いた。

さらに、最低賃金の上昇、北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示するなど、人件費が高騰していることから、海外企業が逃げだし、中国企業までが、海外に進出し始めている。

トヨタもどこでプロテクトをするかと言うことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト