on-the-time.jp

2011年07月30日

アムステルダム空港のミニ売春街!

米国の雑誌「TIME」は、セックスワーカーにとって、アムステルダム空港での売春ビジネスは、良いと報告した。

IrishTimes.comのレポートによれば、非公式の売春街(Mini Red-Light District/赤線街)がアムステルダムのスキポール空港(Schiphol Airport in Amsterdam)に急に現れただけではなく、オランダの警察はそれに関して何もする計画が全くないと書かれている。

売春はオランダで合法だが、空港で起こっていることは、不法である。

もっとも、オランダで売春が合法の歴史は、日本にまで押し寄せた貿易の出発する港であったことで、長期性欲制限された船旅から、開放され、給料も懐にたんまりあって、その二つの要件を解決するビジネスとして登場したことであり、歴史的にも十分に立証された正当なビジネスである。

それが海から空に港が変わったと言うことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

IrishTimes.comのレポートで、調査は、女性が空港の国際的なトランジット領域で、ほとんど東欧からのクライアントと、オランダで出合うの安い航空運賃を利用していることを明らかにした。
彼らが、同じくらい多くの習慣かセキュリティチェックに直面しているのを避けることができるように、これらの女性の中には、毎日どうやら旅行をしている人もいた。

オランダを安い航空運賃で出発して、世界中で売春を展開する新しいビジネスまで登場している。

そう言えば、航空券が安い町としてもアムステルダム、アテネ、バンコックは有名であった。

スキポール空港はヨーロッパの最も忙しい空港の1つで、約4,550万人の乗客が毎年通り抜けていて、女性がこのできるだけ多くの事実でビジネスを作ろうとしている。

調査の一部としてインタビューされたが、命名されなかった空港従業員は、ミーティングのいくつかが根回しされているが、女性がいったん到着して、潜在的客、「習慣を超えた国際的な領域の乗客に、接続便の待ちかそれらが見ることができる飛行が、遅れた」ように集中している空港を輪唱すると他のものがセットアップされると言った。

そして、彼らは国際的なトランジット領域のホテルを通常使用する。
ホテルは新しい街に向かう前、または途中下車の間、休息するのを目指している乗客に安価なレートで提供している。

とくにスキポール空港は、そのサービスで昔から有名で、トランジット客にどんな高級車でも安価にレンタルしてくれることで知られている。

カー・セックスが好きな人には、スキポール空港の売春婦と安価にレンタルできる高級車と言うセットまである。

人身売買に関するケースが全くない限り、アムステルダムProstitutes Associationは空港でビジネスを支持している。

組織のスポークスマンは、その領域で脅迫中の売春を膨大な問題に挙げて、「私たちには、彼らがそこでポン引きでやむを得ず働いているなら、問題があります」と言っている。

オランダの警察は、苦情を受け始めないと、干渉しないと言っている。

セックスが大好きな人は、新しい感覚でアムステルダムのスキポール空港が売春を提供している。
交渉次第では、映画「エマニエル夫人」のような航空機内でのアバンチュールまで、そう言えば、オランダから飛んできた売春婦とネパールのカトマンズで出会ったことがあった。
彼女は私と、一緒にインド旅行をしたいと言っていた。
オランダの売春婦とインド旅行?とんでもない組み合わせになるところだった。
私の当時の友人に、その役割を回したこともあった。

アムステルダムのスキポール空港(Schiphol Airport in Amsterdam)のGoogle Earthポインター情報
52°18'31.95"N,4°45'49.55"E

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。