2011年07月18日

どんなアメリカ人が本当に負債天井について考えているのか?

ニューヨークタイムズ(News York Times)は、今月のギャラップ調査で、アメリカ人が負債天井(Debt Ceiling)の増加に反対するよりむしろ、議会投票して欲しいと望んでいることが42%対22%で多かったと報告した。35%はまったく意見を持たなかったが、その差は約倍になったと言っている。

また、ギャラップは、アメリカ人に、彼らがなぜその質問に答えたかを説明するようについて述べるように頼んだ。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

今日、世論調査組織は、これらのすべての700の制限がない応答をリリースした。
応答は普通のアメリカ人がどうこの問題を思うかにいくつかの役に立つ洞察を提供した。

そこで、両方のセットの応答の後ろでテーマの意味を与えるために、単語の雲「wordle.net」を作ってみたと言っている。

ここに、議会の彼らの代表が昇給に対して、負債天井について投票するべきであると考える人々からの応答が明らかになった。

ここに、議会の彼らの代表が負債上限を引き上げるのに投票するべきであると考える人々からの応答があった。

その真価のほどは知れないが、「経済」という言葉が、より頻繁に負債上限を引き上げたがっていた人によって使用されたことが判った。

この2つの単語の雲「wordle.net」を比較することで、さらに面白いパターンが見えてくると解説している。

この調査表示法は、すぐに、リアルタイムで変化するので、いろいろ使えそうである。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。