gaYa広告

2011年07月18日

どんなアメリカ人が本当に負債天井について考えているのか?

ニューヨークタイムズ(News York Times)は、今月のギャラップ調査で、アメリカ人が負債天井(Debt Ceiling)の増加に反対するよりむしろ、議会投票して欲しいと望んでいることが42%対22%で多かったと報告した。35%はまったく意見を持たなかったが、その差は約倍になったと言っている。

また、ギャラップは、アメリカ人に、彼らがなぜその質問に答えたかを説明するようについて述べるように頼んだ。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

今日、世論調査組織は、これらのすべての700の制限がない応答をリリースした。
応答は普通のアメリカ人がどうこの問題を思うかにいくつかの役に立つ洞察を提供した。

そこで、両方のセットの応答の後ろでテーマの意味を与えるために、単語の雲「wordle.net」を作ってみたと言っている。

ここに、議会の彼らの代表が昇給に対して、負債天井について投票するべきであると考える人々からの応答が明らかになった。

ここに、議会の彼らの代表が負債上限を引き上げるのに投票するべきであると考える人々からの応答があった。

その真価のほどは知れないが、「経済」という言葉が、より頻繁に負債上限を引き上げたがっていた人によって使用されたことが判った。

この2つの単語の雲「wordle.net」を比較することで、さらに面白いパターンが見えてくると解説している。

この調査表示法は、すぐに、リアルタイムで変化するので、いろいろ使えそうである。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告