2011年07月18日

放射能に汚染された福島牛が市場に出回っている!

BBC Newsは、日本政府が福島牛の肉取引の禁止を計画していると報告した。

放射で汚染されている牛肉に関する心配が徐々に拡大するとき、日本政府は福島からすべての牛の出荷を中断させるように設定しようとしている。

大塚耕平副厚生労働相(Senior Vice Health Minister Kohei Otsuka)は、隣接した地域からの牛肉も影響を受けるかもしれないと言った。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ただし、原発事故からすでに4ヶ月が過ぎ、すでに出荷された牛肉も汚染されていると考えられている。
知人で、東大でこのようなことを研究していた知人が、北海道から九州まで日本全土で何らかの影響が見つかっている。
全滅だ!
どこが安全などというのは無意味、当たり外れのくじ運状態!と言っていた。

今回は、136頭の牛が放射性セシウムで影響を受けたことがわかった後に、検討が始まったと言っている。

これは、3月の地震によって破損させられる福島第一原子力発電所に関係した最新の健康上の不安になっている。

先日、菅直人首相は、中国と韓国の首脳に福島産のトマトを勧めていたが、これは国際問題になる可能性も含んでいる。

非科学的政治家が、良く試食をしているが、すぐに腹痛を起こすなどの症状が出ることではないと言うことが判っていない。

牛が影響を受けて、野菜が影響を受けないはずがない!

福島の場合、大量に地下に汚水が漏れた!

ところが、誰も地下水の情報を公開していない。

無責任にも細野豪志(Goshi Hosono)は、「私たちは食品安全を保証しなければなりません。」
と言っているが、テレビ局などが騒ぐ前に、いや出荷前に何故それができないのか!

何も科学的根拠が判っていない政治家の弁解では、全国民は殺される!

今も福島からの放射能漏洩は止まっていない。
国中のディストリビュータは露出している牛から肉を買いました、そして、それのいくつかが既に消費者に届いたかもしれないというのが現状である。

大手スーパーマーケット・チェーンAeonは、牛肉の何百kgも東京の店と14の隣接した領域で販売されたと言っている。

小売業者は、汚染がないかどうかすべての領域から牛肉出荷をチェックし始めると言った。

では、どのようにしてチェックするのか?
その詳細が明らかにできないで、口先で弁解しているのでは、政治家と同じである!

福島牛の弁当は、東京駅でも売っている。

放射能は、加工すれば、大丈夫というものではない!

チェルノブイリの時、スイスの牛乳が汚染されていた!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。