gaYa広告

2011年07月18日

香港の高級不妊治療院で、医療ミスが発覚!

BBC Newsは、香港の高級不妊治療院Victory ART Laboratoryで、2人の胎児を間違えた女性に移植したことを認めたと報告した。

影響を受けた女性は、補償を受けているが、この診療所を使用していた他の妊娠している女性は、医療ミスに驚いていると話している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

香港政府の協議会Council on Human Reproductive Technologyは、Victory ART Laboratoryを起訴しないと言っている。

協議会は、誤りがシステムの欠点ではなく、人為ミスと裁決した。

この事件起こした医師は、IVFを通して間違った女性に植えつけられる前に、胎児のラベルを読むのを忘れた。

診療所はすぐに間違いを見つけ、胎児は、取り出されて廃棄された。

診療所は地元マスコミに、女性は、だれの胎児であったか、そして、それらを注入させた女性は、カウンセリングを受けて、補償を提供したと話している。

この人為ミスに対し、この診療所を使用した妊娠している女性の中には怒ってオンラインで反応した人もいた、

ここで診療を受けている人の中には、数人の香港で有名なセレブも含まれていた。
また、マレーシアとフィリピンにも診療所を持っている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。