2011年07月18日

ワールドカップ、日本が優勝!

信じられないことだが、ワールドカップで女子はPK戦までもつれ込み、優勝してしまった!
それが、どんない凄いことか!

祭日の今日は、日本中が大騒ぎになっている。

日本のチームには、カラス天狗がいた!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

前半は無失点で切り抜けたが、後半は 69分に後方からのロングボールを前線で受けたモーガンが左足で決め、アメリカが先制した。
先制されると負けるという日本の逸話は、フランス戦で打ち崩していた。
80分に左クロスをアメリカのディフェンスがクリアしきれなかったところを宮間が押し込んで、同点に追いついた。
延長は104分には、左からモーガンが深く切れ込み、中ヘ入れたボールをワンバックが頭であわせ、アメリカが勝ち越した。
日本は試合終了が近づき、最後に驚異的な粘りを見せ、117分に左コーナーキックを澤が右足で合わせて同点にした。
絶えず、アメリカに先制され、日本が追いつくという展開だった。

しかし、PK戦は先攻のアメリカが 3人連続で外した。
日本は最初の宮間が決めた後、2番手の永里が外したが、その後は阪口、熊谷と決めて栄光の瞬間となった。

澤は今大会 5ゴールで得点王となり、大会のMVP(最優秀選手)とフェアプレイ選手にも選ばれた。

時事通信が2011年07月18日に、ワールドカップ女子の優勝報告と、監督、各選手のコメントを公開した!

◇娘たちやってくれた
 日本・佐々木監督 粘り強くやってくれた。最後の最後まで…。PK戦はここまで来れば十分、と意外に冷静だった。(優勝には)僕もびっくり。ちっちゃな娘たちが、粘り強くやってくれた。
◇全力出し切った
 日本・沢 信じられない。最後まで諦めずに戦った結果。自分自身も、最後まで走り続けた。全力を出し切った。ずっと世界一を目標にしていた。現実を受け止められないが、うれしい。
◇気持ちで止めた
 日本・海堀 すごいことをやった。本当に信じられない。(PK戦は)試合で2失点したので、ここは絶対止めようという気持ちだった。米国はうまかったが、それ以上にみんなが頑張った。
◇全員の勝利
 日本・鮫島 全員で守り切れた。全員の勝利。細かいところを確認したり、コミュニケーションができていた。この場に立っていられるのは、たくさんの方々のおかげ。皆さんに感謝したい。
◇決まってよかった
 日本・熊谷 うれしいし、びっくり。失点してしまったこともあり、PK戦は自分の足で決めたかった。思い切り蹴るだけだった。決まってよかった。次のステップへ、みんなで力を合わせてやっていきたい。
◇大きな財産
 日本・永里 チームとして、優勝できたことはうれしい。大会を通して苦しい時期もあったが、みんなで一つになって喜びを分かち合えた。大きな財産になる。
◇みんながMVP
 日本・宮間 ほっとしている。みんなが頑張った結果。最優秀選手は沢さんになったが、みんながMVPだと思う。初優勝は多くの先輩方がいてこそ。感謝を伝えたい。
◇一番の景色
 日本・丸山 表彰台は、今まで生きてきた中で一番いい景色だった。信じられない、夢みたいという気持ち。チームメートは、かけがえのない存在。みんなで一つになれた。
◇借り返せた
 日本・阪口 優勝よりもまず、米国に勝ったことがうれしかった。今まで勝てなかった相手に、素晴らしい舞台で借りを返せた。きょうも最後まで諦めなかった。
◇世界にアピール
 日本・安藤 なでしこジャパンを世界にアピールできてうれしい。チームのために、みんながしっかり戦えた。自分たちの姿を、子どもたちが目標にしてくれたらうれしい。
◇実感がない
 日本・大野 うれしいです。実感がない。個人としては納得がいかない大会だった。でも、代表はチームでやるもの。チームが優勝で終われたことは素晴らしい。
◇仲間に恵まれた
 日本・岩清水 (失点は)相手がうまかったところもあるけど、自分のポジショニングのミス。レッドカードは初めて。びっくりしたけど、みんなに「ナイス」と言われた。いい仲間に恵まれた。
◇夢見ているよう
 日本・川澄 とてもうれしいです。夢を見ているようで、出来過ぎ。漫画か映画でしかあり得ない。きょうは日本の選手の方が楽しそうにやっていた。米国はPK戦で顔つきが変わっていた。
◇勝負強さ見習う
 日本・岩渕 うれしいです。これからは日本を見る目が変わると思うので、責任を持ってやっていきたい。(私は)今大会は何もできていない。(年齢が)上の人たちが勝負強いので、見習わなくては。
 優勝できてよかった
 日本・近賀 (私は)ふがいないプレーばかりだったけれど、優勝できてよかった。(時事)
◇フェアプレーで頑張った
 川淵三郎日本サッカー協会名誉会長 奇跡は起こるんだね。大きな夢を持って、フェアプレーでひたむきに頑張ったからこそ、勝利の女神がほほ笑んだ。(東日本大震災の)被災者の方々はじめ、皆さんの応援のおかげ。監督やスタッフ、選手に感謝したい。
◇よく戦った
 米国・スンダーゲ監督 われわれはいくつもミスを重ねた。ボールは支配していたし、選手はよく戦ったと思う。勝敗に大きな違いはない。チャンスを生かせなかっただけ。(AFP時事)

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告