on-the-time.jp

2011年06月20日

イラン政府は、新聞の制限を解除。

イギリスの新聞FT(Financial Times)は、イランは主な改革派の新聞で高い人出になり、来年の議会選挙を奨励する試みと考えられ、適度の改革志向の政治家が走るのが許容されると予想される移動で禁止を解除したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2009年のイランの議論された大統領選挙の投票で広範囲の抗議に続いて、モハメド・ハタミ(Mohammad Khatami)元大統領の近くの日刊新聞Etemadは2010年3月に申し立てられた「繰り返されてしつこい違反」として止められた。

イラン人のジャーナリストは、カーゴザラン(Kargozaran)、また、大統領選の後に禁止された元保守大統領に所属する新聞「アカバー・ハシェミ・ラフサンジャニ(Akbar Hashemi-Rafsanjani)」が、すぐ再刊し始めると予想している。

次の3月の投票における高い投票率を奨励することによって、イスラム教の政権は、イランの政治上の設立の合法性について議論した大統領選に、不正選挙の主張で課された損害を修理することを望んでいる。

ただし、前回の選挙でも改革派の新聞発行者やジャーナリストが大量に逮捕され、試金石になっていた。

制限を解除で喜ぶと、逮捕するきっかけを与えることにもなりかねないという危険性を感じていることだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告