2011年06月20日

ネパールで初の同性愛者の結婚式が行われた!

CNNは2011年05月03日に、ネパールのカトマンズで同性愛者のパレードがあったと崩壊していたが、今度はBBC Newsが米国の弁護士と大学教授のレスビアン・カップルがカトマンズで、ネパールで初の同性愛者の結婚式が行われたと報告した。

結婚式は2011年06月20日月曜日に、首都カトマンズの近くで行われた。

コロラド州デンバー(Denver, Colorado)から来た41歳のコートニー・ミッチェル(Courtney Mitchell)と、48歳のサラ・ウォルトン(Sarah Welton)は、ダクシンカリ寺(DakshinKali Mata Temple)でネパールの伝統的なヒンズー方式の結婚式をあげた。

ダクシンカリ寺は、同性愛者の最新の聖地になるのかもしれない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

先日、肺癌で死んだ知人にカトマンズを教えたかった!

ネパールでは、まだ同性間結婚が合法ではないが、国は、性的な権利を保証するために法を作成している。

地元のゲイの権利向上活動家で、親友でもある、議会議員のサニバブ・パント(Sunilbabu Pant)は、ヒンズー教の僧侶によって行われ多結婚式に出席した。

彼は、保守的な国で、レスビアンのカップルの最初の公共結婚式であるとAP通信通信社に話した。

BBCの通信員は、最高裁が、性的な権利と終わりの区別を法的に保証するよう政府に命令しましたが、同性間結婚がネパールでは、まだ公式に合法でないと言っている。

法はまだ作成中だが、政治上の違いは、それらの法の通路を遅らせた。

先進国でも遅れているのだから、ネパールが遅れているのも仕方がない。

サニバブ・パントは、月曜日の結婚式が法的に身分を保持しないが、「それはネパールでのゲイの権利キャンペーンのための巨大な実績であった。」と言った。

それ以上に、世界中から同性愛者が結婚式をするため、ヒマラヤの裾野に集まるかもしれない。

サニバブ・パントが所属するBlue Diamond Societyは、数年間ゲイの権利を守るために争っていて、最近、結婚式のためにネパールに来る外国人のゲイのカップルを引き付けることを望んで、旅行代理店をオープンして、新婚旅行を誘っている。

ネパールは、観光事業の一環としても、同性愛者が結婚式を合法化することだろう。

米国からのカップルは、ネパールで結婚して、ゲイの権利キャンペーンに貢献して、彼らが幸福であると言った。

サラ・ウォルトンは、
「それは、実現する私の夢の結婚式でした。」
「これは素晴らしい結婚式です。」と言い。

コートニー・ミッチェルは、
「2003年以来のゲイの権利問題の上で進歩のため、結婚しにネパールに来ると決めたと言いました。」
「私たちはこのすべての進歩に関して…非常に興奮しています。そして、私は本当にネパールのサポートを示したかったです。」と言った。

このカップルは5年前の誕生日会でであい、9カ月の少女を養子にしている。

ネパールと言えば、孫悟空の天竺であり、まさに天竺での同性愛者が結婚式が、観光事業になる。

とんでもなく、楽しい時代になった。

ダクシンカリ寺(DakshinKali Mata Temple)のGoogle Earthポインター情報
27°40'38.39"N,85°16'49.87"E
または、
27.677331, 85.280519

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告