gaYa広告

2011年06月20日

フランスは、元ノリエガ将軍をパナマへ送還する準備中!

BBC Newsは、フランス当局は、前のパナマの軍事政権の元マヌエル・ノリエガ(Manuel Noriega)将軍をパナマに引き渡すための準備をしていると言ったと報告した。

元ノリエガ将軍は、マネーロンダリングのため、現在、フランスで7年の刑に服している。

しかし、彼はパナマ当局が、1980年代に彼のやり方で犯された犯罪でそこで断罪されて、指名手配中になっている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

フランスがいったん法令を発行すると、ノリエガには上告するために、1カ月がある。

米国で麻薬取り引き、ゆすり、およびマネーロンダリングの容疑で17年に勤めた後に、昨年、米国からフランスに引き渡された。

CIAの密告者により、ノリエガは1989年の米国軍によるパナマの侵入の後に、逮捕された。

フランス外務省のスポークスマンであるバーナード・バレーロ(Bernard Valero)は、送還の過程で米国当局の同意を受けてフランスが前方へ動くと言った。

彼がまだフランスの法廷によって課された判決を完全に勤めていないとき、これが第一にノリエガをフランスに導いた身柄引き渡し協定の期間の下で必要になる。

元マノリエガ将軍は、フランス人を通したギャングがコロンビアの麻薬からマネーロンダリングを行うために、パリで土地を買ッたことから、不在中の1999年に、フランスで判決を下された。

この判決は、彼の送還の後に再試行として、米国から確認された。

日曜日に発行された声明で、パナマ外務省は元ノリエガ将軍がユーゴー・スパダフォーラ・フランコ(Hugo Spadafora Franco)の殺害を命令したために探され、「20年の刑に服す」と言った。

ノリエガの政敵であったユーゴー・スパダフォーラ・フランコは、1985年に打ち首にされたことが判った。

10年後に、パナマの法廷は、犯罪によって不在中なノリエガの判決を下した。

元マヌエル・ノリエガ(Manuel Noriega)将軍は、1983年から1989年の間、パナマの事実上の支配者で、現在は77歳になっている。

しかし、米国軍がマヌエル・ノリエガ政府打倒でパナマに侵入したときは、治外法権の侵略で、こんなことが許されるのかと思った。

それは、国際法違反のビン・ラディン暗殺にも通じる。
サダム・フセインもリンチのように殺された。

米国は、国際法を無視する。

また、今回EUも加わって、リビアでカダフィーを殺そうとしている。

国際法を無視する米国やEUが採決権を持っている国連とは、何なのだろう?

こんな考えに、知性を感じないが、CIAはCentral Intelligence Agencyの略称である。
まったくの言葉詐欺?とも言える。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト