gaYa広告

2011年06月20日

ムバラク元エジプト大統領、心臓発作の次は胃ガン!?

BBC Newsは、ホズニ・ムバラク元エジプト大統領(Former Egyptian President Hosni Mubarak)は8月に出廷することになっているが、彼の弁護士は、胃ガンに苦しんでいると言ったと報告した。

彼の弁護士ファリド・エル-ディード(Farid el-Deeb)は、
「彼は胃癌にかかっています、そして、腫瘍は成長しています。」と言った。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

伝えられるところによれば、前に尋問する間、心臓問題で元指導者は紅海リゾートのシャルム・エル・シェイク(Sharm el-Sheikh)の病院で拘留中であった。

エジプト革命で、デモ参加者の死で告発されている。

先月、職員は、彼の心臓状態が電撃作戦のリスクを負っていたので、病院から刑務所まで動くことができないくらいであったと言った。

BBCの通信員は、エジプトの多くが、今回の胃ガン発表に対し、深い懐疑で見ていると報告した。

弁護士ファリド・エル-ディードは、2010年にドイツで外科手術を受け、胆嚢とすい臓の一部が摘出されたと言っている。

彼は、ドイツ人の外科医にムバラクを健康診断のために訪問させるようにエジプト検察庁検事総長に頼んだと言っている。

ムバラクの健康に関して、噂が彼のやり方にあり、役人は、いつも彼がどんな重病も否定した。

彼は有罪であることがわかるなら、死刑に直面するかもしれない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト