on-the-time.jp

2011年06月20日

今年の夏!米国のアイスクリームが大パニックの嵐!?

米国の雑誌TIMEのmoneylandが、今年の夏は米国のアイスクリーム愛好者にとって、完全な嵐になると報告した。

ロシアの干ばつから、牛に食べさせる穀物の高騰を呼び、すべての乳製品が上昇し、以前はUS$3〜US$4であったアイスクリームコーン(Ice Cream Cone)は、今年の夏に、US$5以上になりそうだと言っている。

さらに、アイスクリームコーンに、好きな風味がピスタチオをトッピングすると、価格の不満は大爆発しそうになる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

中国で人々によって牛乳が多く飲まれるようになり、オーストラリアの低気圧、ロシアの干ばつという三重の攻撃で、ミルクの量が激減し、それをどう処理するかを考える必要がある。

単にアイスクリーム店の所有者が、彼の裏庭にプールを作りたくて、それの代価を払うために顧客から絞るのを計算すると決めたのでは、アイスクリーム価格は上昇しない。

ボストン・グローブ(Boston Globe)は今年の夏、米国の北部に住む家族にアイスクリームを常にあるようにするためには、US$20以上必要になると、よりグローバルな説明を提供した。

ただ一つのスクープ円錐が今、ケンブリッジのアイスクリーム店で始まっている。
3月以来、US$4だったアイスクリームがUS$4.25になり、現在はUS$5.50になっている。

ボストン・グローブは最近、そのアイスクリームがどう作られたか、そしてそれが何故そうかかるかの理由をたくさんたどりっている。

始めて、農業者はミルクを得るのにより多くを課金している。
なぜですか?
価格はUSDA規則、および世界中の増えている需要のため決定される。
特にアジアでは、米国で作り出されたミルクは10年前の4%から、現在は14%が輸出され、価格は2009年に100あたりUS$14から現在は、US$20に跳ね上がっている。

また、、砂糖大根の大きいプロデューサーには凶年があるのと同時に、低気圧がオーストラリアを荒らして、干ばつがロシアで生産に影響する状態で、砂糖の世界的需要は増加した。

それで、砂糖価格は過去1年間、12%上がっている。

人気があるアイスクリームを作ることが必要だが、チョコレートとマンゴを含んで、風味成分がまたより高価にした。

ピスタチオが1ポンドあたり、US$10以上スパイクしたので、ピスタチオの風味は多くのアイスクリーム店から消えるかもしれない。

今年の米国の夏は、アイスクリーム・パニックになる。
それは同時に、クーラーも規制される日本でもアイスクリーム大パニックが到来する。

アイスクリームが高くて食べられないと、米国では暴動になるかもしれない。

日本人は、甲子園で食べられているかち割り時代が再来する?

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。