on-the-time.jp

2011年06月20日

ブラジル警察は、リオのスラム街を占領!

BBC Newsは、ブラジルの保安部隊が、2014年のワールドカップ(2014 World Cup)と2016年のオリンピック(2016 Olympics)の前に主要な弾圧の一部としてリオ・デ・ジャネイロ(Rio de Janeiro)で最大の1つを占領したと報告した。

約800の警察と特殊部隊が、弾丸を撃つ必要はなく、あらかじめ襲撃を発表し、マンゲイラ・スラム(Mangueira slum)に移動した。

夜明け前には、装甲車ヘリコプターも表れた。

そこには有名なサッカー場マンゲイラのマラカナ・スタジアム(Maracana stadium/Estádio Mario Filho - Maracanã)があり、ワールドカップ決勝戦が行われる予定で、そのすぐ近くにスラム街がある。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

装甲車、ヘリコプター、催涙ガスが充満する中、警察と特殊部隊が進軍した。

居住者が、麻薬情報や武器を渡すことができるように、警察の特殊部隊の電話番号が印刷されビラが張られた。

ブラジルのBBCの通信員パウロ・カブラル(Paulo Cabral)は、マンゲイラの居住者の大部分が、その領域から麻薬の売人を取り除きたがっているので、捜査に協力したと言っている。

彼は、リオ当局がスラムに住んでいる人達の信用を獲得するための努力をしていると言って、だれもが乱用の数10年間を敵として見ることに警察を使用した。

マンゲイラは、リオ当局が最近占領した18番目の貧民街になった。

リオ、2016年五輪大会前に26万以上が住むスラム街を消す計画だというが、一体全体、リオ・デ・ジャネイロ(Rio de Janeiro)にはいくつのスラム街があるのだ!
いくつの場所で、麻薬取引が行われて居るんだ!

有名なサッカー場マンゲイラのマラカナ・スタジアム(Maracana stadium/Estádio Mario Filho - Maracanã)のGoogle Earthポインター情報
22°54'44.00"S,43°13'48.64"W
または、
-22.912222, -43.230178

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。