gaYa広告

2011年06月20日

ブラジル警察は、リオのスラム街を占領!

BBC Newsは、ブラジルの保安部隊が、2014年のワールドカップ(2014 World Cup)と2016年のオリンピック(2016 Olympics)の前に主要な弾圧の一部としてリオ・デ・ジャネイロ(Rio de Janeiro)で最大の1つを占領したと報告した。

約800の警察と特殊部隊が、弾丸を撃つ必要はなく、あらかじめ襲撃を発表し、マンゲイラ・スラム(Mangueira slum)に移動した。

夜明け前には、装甲車ヘリコプターも表れた。

そこには有名なサッカー場マンゲイラのマラカナ・スタジアム(Maracana stadium/Estádio Mario Filho - Maracanã)があり、ワールドカップ決勝戦が行われる予定で、そのすぐ近くにスラム街がある。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

装甲車、ヘリコプター、催涙ガスが充満する中、警察と特殊部隊が進軍した。

居住者が、麻薬情報や武器を渡すことができるように、警察の特殊部隊の電話番号が印刷されビラが張られた。

ブラジルのBBCの通信員パウロ・カブラル(Paulo Cabral)は、マンゲイラの居住者の大部分が、その領域から麻薬の売人を取り除きたがっているので、捜査に協力したと言っている。

彼は、リオ当局がスラムに住んでいる人達の信用を獲得するための努力をしていると言って、だれもが乱用の数10年間を敵として見ることに警察を使用した。

マンゲイラは、リオ当局が最近占領した18番目の貧民街になった。

リオ、2016年五輪大会前に26万以上が住むスラム街を消す計画だというが、一体全体、リオ・デ・ジャネイロ(Rio de Janeiro)にはいくつのスラム街があるのだ!
いくつの場所で、麻薬取引が行われて居るんだ!

有名なサッカー場マンゲイラのマラカナ・スタジアム(Maracana stadium/Estádio Mario Filho - Maracanã)のGoogle Earthポインター情報
22°54'44.00"S,43°13'48.64"W
または、
-22.912222, -43.230178

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告