gaYa広告

2011年04月21日

光合成エネルギーを他の細胞に移植できるか?

The Boston Globeは、「Solar-powered fish? Study plugs into photosynthesis」を公開し、光合成にプラグを与えることで、ソーラー・パワーの魚ができるかもしれないと研究者は考えていると報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

すべての子供は学校で、植物が最も簡単な藻から厳然としたオークまで日光をエネルギーに変えることを学ぶ。

ハーバードの研究者は、日光を動力にした魚に向かって、前進しはじめた。

光合成の機能を細胞に移植するという、科学的インスピレーションの考えが、研究室で発生した。

ハーバード・メディカル・スクール教授(Harvard Medical School professor)パミラ・シルヴァー(Pamela A. Silver Ph.D.)は、彼女がSF的な考えにオフビートの考えに捕まったとき、彼女の夫や友人と共に、台所でチャットしていた。

太陽のプラグを差し込む植物のような能力を多くの異種のセルに与えることが、可能であったなら、どうなるか?

可能性はソーラー・パワーの魚から光合成の皮膚まで好奇心をそそっていった。

パミラ・シルヴァーは、
「日光は私たちの最も大きい未開発の天然資源です。」
「私には、このよりクレージーなビジョンがあります。」
「あなたに光合成の皮膚のパッチがあるなら、火傷被害者の上で皮膚を作って、それを使用できるでしょう。そして、たぶん、あなたはそれが成長を促進するために敏感な光であったという事実を使用できます。」

翌日、ガッツがある大学院生クリスティーナ・アガパキス(Christina Agapakis)が、そのプロジェクトを引き受けると買って出た。

彼女は、日光をエネルギーに変える藍藻と呼ばれるシアノ・バクテリアをゼブラフィッシュ胎児に注入した。

科学者は確実に何かを予想しなかったか。 彼らが別のバクテリアを胎児に注いだとき、結局、魚は、死んだ。

研究者は、2011年04月20日に、ジャーナル「PLoS ONE」で今回それが働いたと発表した。

魚の細胞の中でシアノバクテリアは、光合成を始めて、日光までにあおられて、従事した。

それらはまだ全くソーラー・パワーでない魚だったが、科学者には、現在、細胞の発展に関する肝心かなめの問題を理解するモデルができたと言っている。

細胞に、特殊な機能だけを移植でき、拒否反応を抑制できたら、その細胞自体が一つの生き物になるのでは?
それは、多くの攻撃を食い止めるかもしれない。

もっとも、中には悪に荷担して、さらに悪化させるかもしれない。
間違えると、マッド・サイエンティストとして、フランケンシュタインの開発にもなる。

Pamela A. Silver
Department of Systems Biology
Harvard Medical School
Warren Alpert Building, Room 420
200 Longwood Ave.
Boston, MA 02115
Tel: (617) 432-6401
Fax: (617) 432-5012
Email: pamela_silver@hms.harvard.edu
Web Page: The Silver Lab Page

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告