2011年04月21日

サッカースペイン国王杯のカップが落ちて、バスの下敷き!

AFPは2011年04月22日に、サッカースペイン国王杯(Copa del Rey 2010-11)で、延長戦の末にFCバルセロナ(FC Barcelona)を下し、18シーズンぶりの優勝を果たしたレアル・マドリード(Real Madrid)が、優勝パレードで本拠地マドリード(Madrid)市内をオープンバスに乗って凱旋していたとき、DFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)が頭上に掲げていた15kgの優勝杯が、その手からすべり落ち、バスの前方に落下。バスはブレーキをかけたが間に合わず、純銀製の優勝杯はバス前輪の下敷きとなったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

それはちょうど、バスが、大勢のサポーターであふれ返る中心部のシベレス広場(Plaza de Cibeles/Cibeles Square)にさしかかったときだったと言っている。

駆けつけた警官が優勝杯のかけらをバスの運転手に手渡した。
だが、落下事件後、優勝杯は誰の目にも触れられていない。
スペインのラジオ局カデナ・セル(Cadena Ser)によると、救急隊員が拾い集めたかけらは、少なくとも10片はあったと言っている。

優勝杯を落としたことについて記者に質問されたセルヒオ・ラモスは、「落ちた、落ちたんだよ。でも大丈夫、大丈夫だ」と短く答えた。

スペイン国王と言えば、アメリカ大陸をコロンブスのスポンサーであった。

優勝者は毎年あるが、優勝カップがパレードで壊れると言うアクシデントは、歴史始まって以来のことであった。

シベレス広場(Plaza de Cibeles/Cibeles Square)のGoogle Earthポインター情報
40°25'9.15"N,3°41'35.92"W
または、
40.419208, -3.693311

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。