2011年04月21日

サッカースペイン国王杯のカップが落ちて、バスの下敷き!

AFPは2011年04月22日に、サッカースペイン国王杯(Copa del Rey 2010-11)で、延長戦の末にFCバルセロナ(FC Barcelona)を下し、18シーズンぶりの優勝を果たしたレアル・マドリード(Real Madrid)が、優勝パレードで本拠地マドリード(Madrid)市内をオープンバスに乗って凱旋していたとき、DFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)が頭上に掲げていた15kgの優勝杯が、その手からすべり落ち、バスの前方に落下。バスはブレーキをかけたが間に合わず、純銀製の優勝杯はバス前輪の下敷きとなったと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

それはちょうど、バスが、大勢のサポーターであふれ返る中心部のシベレス広場(Plaza de Cibeles/Cibeles Square)にさしかかったときだったと言っている。

駆けつけた警官が優勝杯のかけらをバスの運転手に手渡した。
だが、落下事件後、優勝杯は誰の目にも触れられていない。
スペインのラジオ局カデナ・セル(Cadena Ser)によると、救急隊員が拾い集めたかけらは、少なくとも10片はあったと言っている。

優勝杯を落としたことについて記者に質問されたセルヒオ・ラモスは、「落ちた、落ちたんだよ。でも大丈夫、大丈夫だ」と短く答えた。

スペイン国王と言えば、アメリカ大陸をコロンブスのスポンサーであった。

優勝者は毎年あるが、優勝カップがパレードで壊れると言うアクシデントは、歴史始まって以来のことであった。

シベレス広場(Plaza de Cibeles/Cibeles Square)のGoogle Earthポインター情報
40°25'9.15"N,3°41'35.92"W
または、
40.419208, -3.693311

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告