gaYa広告

2011年04月21日

アップルのPhone 5は、「世界電話(World Phone)」かもしれない!?

Cellular-Newsは、ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)がiPhoneの次のバージョンがCDMAとGSMの両方でネットワークをサポートするかもしれないという巨大なヒントを下げたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

アナリスト呼び出しで、ベライゾンのCFO(最高財務責任者)フラン・シャッモ(Fran Shammo)は、次のアップル電話が「世界電話(World Phone)」であると言った。

「私は、アップルからの新しいデバイスを発表するときはいつも、大変動が来ると信じて、同等の条件で新しい電話の上の私たちの競争相手がまた、グローバル・デバイスになる市場に投入されている状態で、私たちは最初になるでしょう。」と言っている。

以前に、次期モデルがLTE受話器であると示唆されたが、iPhoneのハードウェア側面で最初に産業で通常より遅れさせたので、アップルにしては、それは珍しいことであった。そして、立証されなかったLTEチップセットを配布するのは、まさしくその高リスク戦略であったかもしれないと分析している。

また、ライブLTEネットワークの不足は「世界電話」として記述されている受話器に疑いを投げかける。

しかし、このハイブリッドは、Appleにとっては十分可能なことだろう。

そして、その統合は以前から話題になっていた!

新しいことではない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。