2011年04月21日

水惑星(The Water Planet)

NASAは、地球は水惑星であると実感できる衛星画像を公開した。

宇宙から見た、私たちが住んでいる惑星のもっとも衝撃的は特徴は「水」である。

液体と凍った固体の両方で、地球の表面を75%カバーしている。

それはまた、雲で空を満たしている。

惑星の岩の多いクラストから、人体の細胞まで「水」は地球のいたるところにある。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

今回公開された画像は、NASAのテラ衛星(Terra satellite)、MODIS(Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer)からの観測に基づいている。

Image Credit: NASA

この人類の、そして地球の「水」を管理できない政治家は、無能です。
そして、この「水」を管理することが、あらゆることの基本になる。

また、このような画像を事例として使用される場合、必ず使われるのが、日本が最後に接している太平洋である。

日本の対岸は、途中に小さなハワイ列島やタヒチなどもあるが、米国西海岸であり、ペルー、チリなどの中南米である。

この強大な「水」が理解できない人が、政治家などをすべきではない。
「水」は、すべてを吸収し、浄化してくれるが、それは同時にわれわれ生命体の順応化に対応している。
生命体が順応できなくなったら、われわれ生命体に対する地球の限界点に達したと言うことである。

今回の地震と津波で、日本人は嫌と言うほど、その現実を感じた!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト