on-the-time.jp

2011年04月21日

宇宙船は火星の大気における劇的な変化を明らかにした。

NASAは、宇宙船MRO(Mars Reconnaissance Orbiter)は惑星の軸の傾斜が異なるとき、火星変化の上で大気の総量が劇的であったことを発見したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この過程は、火星の地表に存在しているなら、液体水の安定性に影響して、火星の砂じん嵐の頻度と厳しさを増加させることができる。

MROの地中探知レーダを使用している研究者が火星の南極で、ドライアイス、またはドライアイスの大きくて、埋まっている固まりを特定した。

科学者は、この多くが二酸化炭素で、火星の傾斜が増加するとき、惑星の大気に入って、大気の固まりが増水すると疑っている。

この調査結果はサイエンス誌(journal Science)のレポートで発表される。

新たに見つけられた固まりは、およそ3,000マイル立方体のスペリオル湖と同様のボリュームがある。

現在の火星大気で、最大80%同じくらい多量の二酸化炭素を保有している。

乾いた氷昇華と他の手がかりで引き起こされた崩壊孔は、毎年大気にガスを加えて、固まりが消散フェーズにあることを示した。

火星の大気は約95%の二酸化炭素で、地球のはるかに厚い大気と対照して。大気は.04%未満の二酸化炭素である。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告