on-the-time.jp

2011年04月21日

宇宙船は火星の大気における劇的な変化を明らかにした。

NASAは、宇宙船MRO(Mars Reconnaissance Orbiter)は惑星の軸の傾斜が異なるとき、火星変化の上で大気の総量が劇的であったことを発見したと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この過程は、火星の地表に存在しているなら、液体水の安定性に影響して、火星の砂じん嵐の頻度と厳しさを増加させることができる。

MROの地中探知レーダを使用している研究者が火星の南極で、ドライアイス、またはドライアイスの大きくて、埋まっている固まりを特定した。

科学者は、この多くが二酸化炭素で、火星の傾斜が増加するとき、惑星の大気に入って、大気の固まりが増水すると疑っている。

この調査結果はサイエンス誌(journal Science)のレポートで発表される。

新たに見つけられた固まりは、およそ3,000マイル立方体のスペリオル湖と同様のボリュームがある。

現在の火星大気で、最大80%同じくらい多量の二酸化炭素を保有している。

乾いた氷昇華と他の手がかりで引き起こされた崩壊孔は、毎年大気にガスを加えて、固まりが消散フェーズにあることを示した。

火星の大気は約95%の二酸化炭素で、地球のはるかに厚い大気と対照して。大気は.04%未満の二酸化炭素である。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告