2011年04月21日

地理学と数学で、犯罪パターンを描き出す!

NSF(National Science Foundation/米国国立科学財団)は、NSFのサポートを受けているAzaveaの社長で、創設者のロバート・チータム(Robert Cheetham)が展開するSBIRプログラムのソフトウェアが、犯罪データを分類して警察署の役に立つ地図を作成すると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フィラデルフィアに拠点を置くソフトウェア開発、および調査会社Azaveaの社長で、創設者のロバート・チータム(Robert Cheetham)が冗談で、「私は、犯罪者になった造園家でした。(I was a landscape architect who turned to a life of crime,)」と言っている。

14年前に彼は、フィラデルフィア警察のために犯罪分析とマッピング・ユニット(Crime Analysis and Mapping Unit)を始動するために雇われた2人の造園家のひとりであった。

現在は、デザイナーの目を統計とコンピュータ・サイエンスに結合して、彼は、地理的パターンを見つけて、次に、目視により喚起的な地図を作成するために犯罪データの山を調べることができるソフトウェアを作成するための努力を警察署に導いている。

現代の犯罪分析者は、犯罪における特定するデジタル図化ソフトウェア、ディスプレイ・パターン、および傾向を使用している。

大都会では、これが、特定の年間警察署によって生成された何百万もの記録を分類することになる。

犯罪分析者としてフィラデルフィアに勤めている間、チータムは事実上、犯罪におけるパターンを変えることに対応して警察官と探偵がともに犯罪者を捕らえるのを可能にする情報と、その他へのデータが巡視を配布する私のものがそうする自動化されたソフトウェア・システムのために構想を練った。

彼は、そのようなシステムがどう作動するかを概説して、彼が国土保全、stormwaterモデル、および他の地理データ解析型問題に取り組んだところで、簡潔に紙へ書いたが、彼自身の会社を設立し続けた。

しかし、その間フィラデルフィア警察は、その考えを忘れていなかった。

2004年に、副局長のチャールズ・ブレナン(Charles Brennan)は、犯罪のための早期警戒方式として機能できた「犯罪スパイク探偵(Crime Spike Detector)」のために原型を作成しながら、チータムと交渉した。

その初期の原型は、強盗、強盗、襲撃、窃盗、および自動車泥棒など、それぞれのいくつかのタイプの犯罪におけるパターンを捜し求めるのに焦点を合わせた。

毎晩、システムは、犯罪のレベルが予期していなかった方法で、変化した過去の何百万回もの出来事に最新の犯罪イベントを加えて、状況を探した。

チータムと彼の同僚は、ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)のトニー・スミス(Tony Smith)と共に働いて、これらの意外な変化を検出するための1セットの数学ルーチンを開発した。

ソフトウェアが犯罪における「スパイク」を検出したとき、それは、メールを構成して、だれが特定の位置に責任があったかを決定して、警告をそれらに送る。

警察管轄区域のキャプテンは、このメールを受け取って、次に、彼らが地図の情報を見ることができるWebサイトにログインして、彼らがどのように新柄に応じるかを決心できた。

原型は警部が、他のタイプの犯罪をモニターすることを可能にする追加検索パターンwp要求し始めたほどうまくいくと判明した。

また、彼らは、犯罪がいつ、どこであったかに関してそれら自身の理論か「勘」をテストする柔軟性が都市に起こって欲しかった。

チータムは、2007年にNSFのSBIR(Small Business Innovation Research)交付金に申し込むのに、この初期の原型の成功を使用した。

この交付金は、AzaveaがHunchLabと呼ばれる、次世代ソフトウェアツールを作成するのを可能にした。

日本の科学警察も、サピエンスに行って、このようなアプリケーションを開発したらどうですか?
中山さんなら作れそうです。

すべてはやっぱりデータ・ベース管理ですね〜〜〜

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。