2011年04月21日

マフィアのサッカー・クラブ資産差し押さえ!

BBC Newsは、イタリア警察は2つのサッカー・クラブを含む疑われたマフィア(mafia)資産の何億US$を差し押さえたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

捜査官は、マフィア「Ndrangheta」が、カラブリアの南領域でサポートを獲得する4番目の分割チームInterpianaとSapriを使用したと言った。

また、土地の何十ものビジネス、乗り物、および土地が押収された。

カラブリアを拠点とするシンジケートは、ヨーロッパのコカイン売買における保持により、イタリアで最も強力なマフィアであると言われている。

工事、小売、および農業にかかわる会社を含んだ、押収された資産の総価格は約1億8,000万ユーロと見積もられている。

AFPレポートによると、合計44軒の家、土地の60区画、および164個の乗り物が、「Operation Clean」とコード名を付けられた襲撃で差し押さえられた。

内務大臣ロベルト・マロニ(Interior Minister Roberto Maroni)は、今回の作戦で、グループの犯罪両方を「より貧しくより弱く」して、一族の経済体制をひどく破壊したと言った。

ロベルト・マロニは、ロサルノ(Rosarno)の町に拠点を置くペッシェ一族が、ローマと北イタリアに達したと言った。

この捜査を、マフィアの裏切り者一族の親分サルヴァトーレ・ペッシェ(Salvatore Pesce)の娘30歳のグセッピーナ・ペッシェ(Giuseppina Pesce)との共同作業で可能になったと言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。