2011年04月21日

スペインのバスク地方は、ヌーディストに体育館を開放!

BBC Newsは、スペインのバスク地方の体育館は不況と戦う人目を惹いた方法を思いたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

そして、体育館はヌーディストのために裸の練習を提供し始めた。

もっとも体育館ではなく、スイミング・プールは30年以上前から、ドイツなどでヌーディストのために曜日を決めて公開している。

私も何回か、ヌーディストの曜日に、素っ裸で泳いだことがある。
また、フランクフルト空港の近くで、世界中のパイロットやキャビン・アテンダントなどが多く利用するホテルも最上階のプールをヌーディストに公開している。

全く違和感はなかった。
全員が裸だと、水着を付けている方が違和感を感じた!

ただし、体育館の場合は、少し考えないと、とんでもない姿になるかもしれない。

アリゴリアガ(Arrigorriaga)の体育館は、ストリップの独特の習慣を開拓して、適任の状態で保って、スペインで最初のサービスを開始した。

体育館の所有者Merche LasecaはBBCに、
「危機で、私たちは、体育館を使用しているより少ない人々であったのに気付きました。」
「それに関する問題は全くありませんが、私自身はヌーディストではありません。」
「しかし、このイニシアチブはお金に関するものです。」
と言っている。

アリゴリアガ(Arrigorriaga)のGoogle Earthポインター情報
43°12'27.07"N,2°53'16.22"W
または、
43.207519, -2.887839

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト