2011年04月21日

東日本大震災で浮き彫りになった中国の弱点ハイエンド産業!

新華社は、経済参考網(经济参考网)からの情報として、東日本大震災は中国の自動車、電子などハイエンド産業に大きな打撃を与えたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

専門家は、
数年来、日本は自動車、電子などハイエンド産業におけるコア技術やコア部品を握り、技術的手段で大部分の利益を稼いできた。
大震災は中国のハイエンド産業の発展に警鐘を鳴らしており、今後、独自開発、自主革新に努力し、技術の対外依存度を下げて、中国ハイエンド産業のコア競争力を増強する必要があると提言している。

吉林大学経済学院の孫少岩教授は、
「世界産業チェーンの中での日本の地位は極めて重要だ。日本の主要メーカーは致命的な打撃を受けていないが、震災により物流が滞り、原材料の供給に影響、製品を空港または港湾まで運ぶことができず、今後数カ月間で日本メーカーから世界のメーカーに損失が広がるだろう」と話した。

吉林財経大学の宋冬林学長らの専門家によると、一部のコア部品の不安定な供給が、中国の自動車、電子などハイエンド産業に直接的な影響を与える恐れがある。
中国の関係企業にとって4、5月は困難な時期であり、この影響は個別の企業に留まらず、産業全体に広がり、国内ハイエンド産業に大きな影響を及ぼす見通しを明らかにしている。

吉林省社会科学院経済研究所の姜軍研究員によると、日系自動車メーカーの中国シェアは30%ほどで、現在、トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキなどのうち、スズキシリーズなどローエンドブランドの部品はほとんどが中国生産となっているが、ハイエンド自動車の部品は輸入量が多い。第一汽車が生産するマツダ車は、エンジンを日本から輸入している。
姜軍研究員は、
企業の部品在庫は少なく、一般的に2週間分もあれば多い方だと言っている。
大震災による日本部品メーカーの生産停止は、必ず中国の自動車生産に影響を与えると指摘した。

中国は、日本のことを全く心配しないで、自国の産業しか考えていないことが明らかになってきている。

全く余裕がない!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。