on-the-time.jp

2011年04月21日

ホアン・オズボーンのテキスト肖像。

イギリスの新聞「テレグラフ(Telegraph)」が、単語で描くアマチュアのアーティストであるホアン・オズボーン(Juan Osborne)テキスト肖像を紹介してきた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

彼らの絵は、1,000単語の価値があると言っている。 テレグラフのギャラリーで紹介されたのそれぞれの画像は異なった長さ、高さ、および色で20万までの単語で作られている。

ホアン・オズボーンは、スピーチ、歌詞、および本を対象に描かれている。

例えば、ケイト・ミドルトン(Kate Middleton)とウィリアム王子(Prince William)の絵は彼らの約束の発表で登場した単語で作らた。

こんな多くのことばで、約束し合い、結婚して、それが後で重荷にならないか心配になる。

彼は、「私が、私の作品が標準のネットブックとソフトウェアを使用することで作成されると言うと、人々は私が自分(非常に基本的である)ことで、組み立てているのに驚いています。」と言っている。

「言葉は強力であり、まっすぐ人間の精神に入って、本当にあなたがカメラで撮られた通常の写真から分かることができない私のその事情に何かを追加します。」
「私のものはそれらの後ろの読むことができる小説を持っています。かなりユニークです。」
「過程をティーまで持って、一朝一夕にいろいろな事を大量に作り出すことができるので--たぶんそれぞれわずか数日で、私はとても多くを作りました。」と言っている。

彼は今、100万の単語から成る巨大な最高の画像を作成することを計画していると言った。

彼は、「今までのところの私の最も大きいものは単なる50万の単語でしたが、1つよりよく、または50万よりうまく行きたいと思います。」

「私が持っている唯一の問題によって、印刷すると、画像がそんなに大きいことがわかっています。」と言っている。

新しい、デジタル・ワード・アート!

Ascii artよりもの凄い!
以前、これほど立体的ではないが、文章に使われている文字の細さと太さで絵を描いた作品は見たが、今回は立体的に積み重ねている。

ただし、オリジナルの写真には著作権がありそうだから、売って儲けようなどと考えない方が無難だろう。

例えば、自動車メーカーが自社の宣伝文句を使って車を描いてもらうと面白いかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。