gaYa広告

2011年04月21日

ホアン・オズボーンのテキスト肖像。

イギリスの新聞「テレグラフ(Telegraph)」が、単語で描くアマチュアのアーティストであるホアン・オズボーン(Juan Osborne)テキスト肖像を紹介してきた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

彼らの絵は、1,000単語の価値があると言っている。 テレグラフのギャラリーで紹介されたのそれぞれの画像は異なった長さ、高さ、および色で20万までの単語で作られている。

ホアン・オズボーンは、スピーチ、歌詞、および本を対象に描かれている。

例えば、ケイト・ミドルトン(Kate Middleton)とウィリアム王子(Prince William)の絵は彼らの約束の発表で登場した単語で作らた。

こんな多くのことばで、約束し合い、結婚して、それが後で重荷にならないか心配になる。

彼は、「私が、私の作品が標準のネットブックとソフトウェアを使用することで作成されると言うと、人々は私が自分(非常に基本的である)ことで、組み立てているのに驚いています。」と言っている。

「言葉は強力であり、まっすぐ人間の精神に入って、本当にあなたがカメラで撮られた通常の写真から分かることができない私のその事情に何かを追加します。」
「私のものはそれらの後ろの読むことができる小説を持っています。かなりユニークです。」
「過程をティーまで持って、一朝一夕にいろいろな事を大量に作り出すことができるので--たぶんそれぞれわずか数日で、私はとても多くを作りました。」と言っている。

彼は今、100万の単語から成る巨大な最高の画像を作成することを計画していると言った。

彼は、「今までのところの私の最も大きいものは単なる50万の単語でしたが、1つよりよく、または50万よりうまく行きたいと思います。」

「私が持っている唯一の問題によって、印刷すると、画像がそんなに大きいことがわかっています。」と言っている。

新しい、デジタル・ワード・アート!

Ascii artよりもの凄い!
以前、これほど立体的ではないが、文章に使われている文字の細さと太さで絵を描いた作品は見たが、今回は立体的に積み重ねている。

ただし、オリジナルの写真には著作権がありそうだから、売って儲けようなどと考えない方が無難だろう。

例えば、自動車メーカーが自社の宣伝文句を使って車を描いてもらうと面白いかもしれない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告