2011年04月21日

リビアの都市Misrataで、2人の報道カメラマンが殺された。

BBC Newsは、リビアの都市Misrataで、40歳のイギリス人ティム・ヘザーリントン(Tim Hetherington)がロケット弾攻撃で殺され、41歳の米国人カメラマンであるクリス・ホンドロス(Chris Hondros)が殺され、一緒にいたイギリス人ガイ・マーチン(Guy Martin)を含む2人が負傷したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ティム・ヘザーリントンは、オスカーにノミネートされたドキュメンタリー「レストレポ(Restrepo)」の助監督を務めた。
クリス・ホンドロスは、戦争写真でロバート・キャパ金メダルと獲得したことがある。

「レストレポ」でティム・ヘザーリントンと一緒に働き、彼の死までメールし続けていた友人ジェームズ・ブラバゾン(James Brabazon)は 「彼は、非常に有能で、経験豊富でひたむきでした。」と言った。

ジェームズ・ブラバゾンは、かれがなぜリビアで雑誌「Vanity Fair」のために働いていたかについて、
「彼は人道的見地からそこに行きました。」
「彼は非常に紛らわしい状況を解明しにそこに行きました。」と説明した。

雑誌「Vanity Fair」のサイトで彼の家族は、
「私たちの息子と兄弟、写真家で映画制作者のティム・ヘザーリントンは、リビアのMisrataで、私たちが学んだ大きい悲しみをもってロケット弾で殺されました。」と言っている。

昔、若いカメラマンが戦争ドキュメント・カメラマンになると言いだし、戦場で死ぬまで、狂い続けることになるから止めろ!といって、もう少しで殴りかけたことがある。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告