on-the-time.jp

2011年04月21日

リビアの都市Misrataで、2人の報道カメラマンが殺された。

BBC Newsは、リビアの都市Misrataで、40歳のイギリス人ティム・ヘザーリントン(Tim Hetherington)がロケット弾攻撃で殺され、41歳の米国人カメラマンであるクリス・ホンドロス(Chris Hondros)が殺され、一緒にいたイギリス人ガイ・マーチン(Guy Martin)を含む2人が負傷したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ティム・ヘザーリントンは、オスカーにノミネートされたドキュメンタリー「レストレポ(Restrepo)」の助監督を務めた。
クリス・ホンドロスは、戦争写真でロバート・キャパ金メダルと獲得したことがある。

「レストレポ」でティム・ヘザーリントンと一緒に働き、彼の死までメールし続けていた友人ジェームズ・ブラバゾン(James Brabazon)は 「彼は、非常に有能で、経験豊富でひたむきでした。」と言った。

ジェームズ・ブラバゾンは、かれがなぜリビアで雑誌「Vanity Fair」のために働いていたかについて、
「彼は人道的見地からそこに行きました。」
「彼は非常に紛らわしい状況を解明しにそこに行きました。」と説明した。

雑誌「Vanity Fair」のサイトで彼の家族は、
「私たちの息子と兄弟、写真家で映画制作者のティム・ヘザーリントンは、リビアのMisrataで、私たちが学んだ大きい悲しみをもってロケット弾で殺されました。」と言っている。

昔、若いカメラマンが戦争ドキュメント・カメラマンになると言いだし、戦場で死ぬまで、狂い続けることになるから止めろ!といって、もう少しで殴りかけたことがある。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告