on-the-time.jp

2011年04月21日

中国モバイル、加入者6億人を記録!

BBC Newsは、世界で最も大きい携帯電話会社中国モバイル(China Mobile/中国移動/中国モバイル・コミュニケーションズ社/China Mobile/China Mobile Communications Corp.)は、農村地域の顧客数を増強した後に、何と1社で6億人の加入者を記録したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

一人から1円で1日6億円であり、年間で2190億円になる。
もちろん、一人から1円ではないので、その売り上げは天文学的で、2011年1月から3月までに新規加入者が1,680万人であった。

中国モバイルはまた、四半期の利益が1年前の同月期間と比べて5.4%アップして、269億元(US$41億)になったと報告した。

中国の通信会社は、より多くの第3世代モバイル・サービスを販売することによって、1ユーザーあたりの収入を増強しようとしている。

中国モバイルと、そのライバルは、中国の田舎地域での拡張ユーザー・ベースのため、田舎の顧客は、それほど毎月の電話代請求書に費やさない傾向があり、1ユーザーあたりの収入が下落した。

中国モバイルは、加入者一人当たりの平均売上が、12月末までの76元から3月末まで3カ月で67元に下落したと言った。

ビクタ・イップは香港UOBケイ・ヒアンで、
「私たちは、中国モバイルであり、新しい携帯電話の契約者の50%が農村地域から来ているのを知っています。彼らはそれほど加入者一人当たりの平均売上に貢献していません。」と言っている。

中国モバイルは、高価で、より速いデータ速度を提供する第3世代(3G)モバイルサービスのユーザーを加えることによってこの衰退と戦うことを目指すと言った。

ネットワークに投資して、スマートフォンに客足がつくためにワイヤレス・ホットスポットを追加することを計画している。

中国モバイルは、3Gユーザーの最多数で、ライバルの中国テレコムと中国ユニカムと比較している。

ただし、Cellular-Newsは2011年03月16日に、中国モバイルは、1年間利益は3.9%上昇したと言っているので、平均以上の伸びであったことになる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告