2011年04月21日

中国モバイル、加入者6億人を記録!

BBC Newsは、世界で最も大きい携帯電話会社中国モバイル(China Mobile/中国移動/中国モバイル・コミュニケーションズ社/China Mobile/China Mobile Communications Corp.)は、農村地域の顧客数を増強した後に、何と1社で6億人の加入者を記録したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

一人から1円で1日6億円であり、年間で2190億円になる。
もちろん、一人から1円ではないので、その売り上げは天文学的で、2011年1月から3月までに新規加入者が1,680万人であった。

中国モバイルはまた、四半期の利益が1年前の同月期間と比べて5.4%アップして、269億元(US$41億)になったと報告した。

中国の通信会社は、より多くの第3世代モバイル・サービスを販売することによって、1ユーザーあたりの収入を増強しようとしている。

中国モバイルと、そのライバルは、中国の田舎地域での拡張ユーザー・ベースのため、田舎の顧客は、それほど毎月の電話代請求書に費やさない傾向があり、1ユーザーあたりの収入が下落した。

中国モバイルは、加入者一人当たりの平均売上が、12月末までの76元から3月末まで3カ月で67元に下落したと言った。

ビクタ・イップは香港UOBケイ・ヒアンで、
「私たちは、中国モバイルであり、新しい携帯電話の契約者の50%が農村地域から来ているのを知っています。彼らはそれほど加入者一人当たりの平均売上に貢献していません。」と言っている。

中国モバイルは、高価で、より速いデータ速度を提供する第3世代(3G)モバイルサービスのユーザーを加えることによってこの衰退と戦うことを目指すと言った。

ネットワークに投資して、スマートフォンに客足がつくためにワイヤレス・ホットスポットを追加することを計画している。

中国モバイルは、3Gユーザーの最多数で、ライバルの中国テレコムと中国ユニカムと比較している。

ただし、Cellular-Newsは2011年03月16日に、中国モバイルは、1年間利益は3.9%上昇したと言っているので、平均以上の伸びであったことになる。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。