2011年04月21日

中国モバイル、加入者6億人を記録!

BBC Newsは、世界で最も大きい携帯電話会社中国モバイル(China Mobile/中国移動/中国モバイル・コミュニケーションズ社/China Mobile/China Mobile Communications Corp.)は、農村地域の顧客数を増強した後に、何と1社で6億人の加入者を記録したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

一人から1円で1日6億円であり、年間で2190億円になる。
もちろん、一人から1円ではないので、その売り上げは天文学的で、2011年1月から3月までに新規加入者が1,680万人であった。

中国モバイルはまた、四半期の利益が1年前の同月期間と比べて5.4%アップして、269億元(US$41億)になったと報告した。

中国の通信会社は、より多くの第3世代モバイル・サービスを販売することによって、1ユーザーあたりの収入を増強しようとしている。

中国モバイルと、そのライバルは、中国の田舎地域での拡張ユーザー・ベースのため、田舎の顧客は、それほど毎月の電話代請求書に費やさない傾向があり、1ユーザーあたりの収入が下落した。

中国モバイルは、加入者一人当たりの平均売上が、12月末までの76元から3月末まで3カ月で67元に下落したと言った。

ビクタ・イップは香港UOBケイ・ヒアンで、
「私たちは、中国モバイルであり、新しい携帯電話の契約者の50%が農村地域から来ているのを知っています。彼らはそれほど加入者一人当たりの平均売上に貢献していません。」と言っている。

中国モバイルは、高価で、より速いデータ速度を提供する第3世代(3G)モバイルサービスのユーザーを加えることによってこの衰退と戦うことを目指すと言った。

ネットワークに投資して、スマートフォンに客足がつくためにワイヤレス・ホットスポットを追加することを計画している。

中国モバイルは、3Gユーザーの最多数で、ライバルの中国テレコムと中国ユニカムと比較している。

ただし、Cellular-Newsは2011年03月16日に、中国モバイルは、1年間利益は3.9%上昇したと言っているので、平均以上の伸びであったことになる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。