on-the-time.jp

2011年04月21日

アンディ・ウォーホル自画像、来月ニューヨークでオークション!

BBC Newsは、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)が死のすぐ前に完成した自画像が、来月ニューヨークでオークションに登場するが、US$4000万で売れると予想されていると報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

アンディ・ウォーホルが58歳の時に手術し、死ぬ直前の1986年に描かれた最後の自画像である。

1辺3mで、黒のバックに赤で描かれた画期的なアメリカン・ポップアートとして評価されている。

オークションは2011年05月11日に行われる。

ウォーホルが1986年に描いた他の6枚の大きな自画像は、すべて博物館で収集されている。

クリスティのエイミー・カペッラッツォ(Amy Cappellazzo)は、

「この壮大な作品が売り出すようになるのは、めったにない事件です。」
「アート史を変化させた、他のすべての例が博物館にあり、買い手が作品に入札しなければならないという、最後のチャンスでしょう。」と言っている。

ウォーホル自画像で、現在までの最高値はニューヨークで去年の5月にサザビーズが落札させたUS$3260万である。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。