2011年04月21日

日本政府は福島避難地区に入ることを法的に禁止!

BBC Newsは、日本政府が破壊された福島原子炉の周りの20kmの避難地区に入ることを法的に禁止し、それを不法行為にした。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

2011年03月11日の地震と津波が福島原子発電所を無力にしたすぐ後に、人々がその領域を出るよう促されたが、その要求は法によって励行されなかった。

冷却システムは双子の災害によって破壊され、放射能はプラントから漏れている。

短期の再入で、その領域の8万人の元居住者が所有物を集めることができた。

何人の人々が避難地区にまだ住んでいるかは明確ではないが、レポートには、警察が少なくとも60家族を数えたと書かれていた。

また、災害の後に、政府は、人々が屋内にじっとするべきであるか、または非難すべきとして、20kmの疎開区域の周りの10kmの広いゾーンを宣言した。

後でその地域から避難し、その地域を無人することを勧めた。

政府のスポークスマン枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は、
「プラントは安定していません。」
「私たちは、彼らの安全への巨大なリスクがあるとき、その領域に入らないように居住者に頼んでいます。」
「残念ながら、何人かの人々がその領域にまだいます。」
「… 今日、私たちは、災害法に基づく非常時の領域に指定すると決めました。」と言った。

家に帰るのを待ちながら、避難民の大部分はスポーツホールと体育館に住んでいる。

しかし、立ち入り禁止の境界線で、警官は取り締まっているが、彼らは大丈夫なのだろうか?
できれば、頻繁に交代し、同じ人の長期勤務は辞めるべきだろう。

目に見えないから、とくに危険なのである。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告