on-the-time.jp

2011年04月21日

日本政府は福島避難地区に入ることを法的に禁止!

BBC Newsは、日本政府が破壊された福島原子炉の周りの20kmの避難地区に入ることを法的に禁止し、それを不法行為にした。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

2011年03月11日の地震と津波が福島原子発電所を無力にしたすぐ後に、人々がその領域を出るよう促されたが、その要求は法によって励行されなかった。

冷却システムは双子の災害によって破壊され、放射能はプラントから漏れている。

短期の再入で、その領域の8万人の元居住者が所有物を集めることができた。

何人の人々が避難地区にまだ住んでいるかは明確ではないが、レポートには、警察が少なくとも60家族を数えたと書かれていた。

また、災害の後に、政府は、人々が屋内にじっとするべきであるか、または非難すべきとして、20kmの疎開区域の周りの10kmの広いゾーンを宣言した。

後でその地域から避難し、その地域を無人することを勧めた。

政府のスポークスマン枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は、
「プラントは安定していません。」
「私たちは、彼らの安全への巨大なリスクがあるとき、その領域に入らないように居住者に頼んでいます。」
「残念ながら、何人かの人々がその領域にまだいます。」
「… 今日、私たちは、災害法に基づく非常時の領域に指定すると決めました。」と言った。

家に帰るのを待ちながら、避難民の大部分はスポーツホールと体育館に住んでいる。

しかし、立ち入り禁止の境界線で、警官は取り締まっているが、彼らは大丈夫なのだろうか?
できれば、頻繁に交代し、同じ人の長期勤務は辞めるべきだろう。

目に見えないから、とくに危険なのである。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告