2011年04月21日

東京SF+++復旧のめどが立たないブラックアウト(大停電)

ニューヨークなどで起こった大停電は、基本的に事故などによる大停電で、本来エネルギーは確保されていた。
しかし、今年の夏に起こると予想されている東京の大停電は、各家庭のクーラーなどの使用により、電力エネルギーの不足による大停電で、復旧してもすぐに各家庭がクーラーなどのスイッチを入れ、大停電が再発する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

家庭のクーラーなどのスイッチをコントロールすることは、ほぼ不可能だろう。

電力確保が各家庭で不可能な場合、巨大電力消費を削減する以外に不可能と言える。

ところが、石原慎太郎東京都知事が言っているような自動販売機やパチンコ屋などの省エネでは、各家庭で夏に起こるうなぎ登りの電力消費はカバーできない。

では、復旧のめどが立たないブラックアウト(大停電)が起こるとどうなるのか?

一昔のSFなら、ドラキュラやフランケンシュタインなどのバンパイアーが登場することだろうが、現実の東京ではバンパイアーより恐ろしいことが起こる可能性がある。

また、ブラックアウトは、性犯罪や強盗などの無法都市を造るとも言われている。

ブラックアウト(大停電)が起こると、もちろん各家庭の電灯、クーラー、冷蔵庫なども止まる。
熱いといって、道ばたの自動販売機でも冷えたジュースは買えない。
家庭の冷蔵庫の冷えたジュースは、その出し入れで、すぐに機能停止し、冷蔵庫の中のものが腐り始めることだろう。

それはスーパーやコンビニでも同じである。
腐ったものを食った食中毒が急増することだろう。

さらに、腐ったものを膨大に廃棄することで、蠅や蚊が大発生する。

多分、コレラやチフス、マラリアなどが急増し、高齢者や子供の多くが死ぬことになるだろう。

それも、石原慎太郎東京都知事を選挙で選んだ東京都民の選択であることから、しかたがないことだろう。

地震と津波の予測間違いで、気象庁の国家公務員大殺人鬼が誕生したように、
見事な大殺人鬼の石原慎太郎東京都知事が誕生する!

それが、今年だけで終わる可能性は、基本的な電力が確保できない限り、全く補償できない。

そんなところに、オリンピック委員会はオリンピックを誘致するというのだろうか?
2020年のオリンピックのときも、福島原発は復旧していない。

今回のような事故が起こって、新規に原発建設場所が見つかるのだろうか?

石原慎太郎東京都知事の発想は、スケール的に都民を助けるとは考えにくい。
彼が助けられるのは家族だけかもしれない。

まさに、「我欲」だけかもしれない。

石原慎太郎東京都知事が言う「天罰」は、最後のクライマックスに起こる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。