2011年03月21日

消えてしまった北米大陸!

NASAは、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)で捕らえた北米星雲(North America Nebula)と呼ばれる星の渦巻風景を公開した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

可視光でこの領域は、北米大陸に類似しているように見えるが、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)で捕らえたこの新しい赤外線の視点では、北米大陸のような形が見えなくなっている。

では、北米大陸はどこに行ってしまったか?

北米大陸の形が見ない理由は、可視光では見ることができるほこりが、スピッツァー宇宙望遠鏡の赤外光で捕らえないことで消えたと言っている。

目に見える画像におけるほこりだらけの、そして、暗い雲は、スピッツァーでは透明にななる。

さらに、スピッツァーの赤外線探知器は、赤ん坊の星を覆っている、ほこりだらけの繭の輝きを拾った。

この画像の中で、およそ100万歳の若い恒星のクラスタを見つけることができる。

また、それよりわずかに古いが、まだ非常に若い星300万年〜500万年の複合体が多く点在している。

この星雲のいくつかの領域は、ほこりが非常に厚く、スピッツァーでさえ暗く見え、複合体の最も若い100万歳未満の星である可能性があると報告している。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

現実も、視点を変えると、米国の存在感は消えるのかもしれない。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト