2011年03月21日

消えてしまった北米大陸!

NASAは、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)で捕らえた北米星雲(North America Nebula)と呼ばれる星の渦巻風景を公開した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

可視光でこの領域は、北米大陸に類似しているように見えるが、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)で捕らえたこの新しい赤外線の視点では、北米大陸のような形が見えなくなっている。

では、北米大陸はどこに行ってしまったか?

北米大陸の形が見ない理由は、可視光では見ることができるほこりが、スピッツァー宇宙望遠鏡の赤外光で捕らえないことで消えたと言っている。

目に見える画像におけるほこりだらけの、そして、暗い雲は、スピッツァーでは透明にななる。

さらに、スピッツァーの赤外線探知器は、赤ん坊の星を覆っている、ほこりだらけの繭の輝きを拾った。

この画像の中で、およそ100万歳の若い恒星のクラスタを見つけることができる。

また、それよりわずかに古いが、まだ非常に若い星300万年〜500万年の複合体が多く点在している。

この星雲のいくつかの領域は、ほこりが非常に厚く、スピッツァーでさえ暗く見え、複合体の最も若い100万歳未満の星である可能性があると報告している。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

現実も、視点を変えると、米国の存在感は消えるのかもしれない。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト