on-the-time.jp

2011年03月21日

アジアで最初のMVNEハブがマレーシアで始まった。

モバイル・マネー

Cellular-Newsが、アジアで最初のMVNE(Mobile Virtual Network Enabler)ハブが、クウェートのリーチ・テレコム・ホールディングス(Reach Telecom Holding)の子会社バラカテレコム(Baraka Telecom)によってマレーシアでセットアップされたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

MVNEは、MVNOサービスを作成したがっている会社を代表してモバイル・ネットワークとモバイルペンイメント・サービスを提供する。

バラカテレコムは、「売り出す時間を減少させるサイズの如何にかかわらずアジア中のすべてのMVNOsを有効にして、実質的によりフレキシブルなプラットホームと、それぞれのモバイル・マーケットの目的セグメントに対するサービスを提供できる」と言った。

バラカテレコムのチェアーマンで、重役メンバーのムハマド・アル-サーイグ(Mohammad Al-Sayegh)は、「マレーシアに投資します。」と言った。
「物凄い成長の機会が現在、アジアのモバイル電気通信セクターにあります。」
「モバイル・マーケットが世界のこの地域では熟すとき、革新的なアイディア、正しいブランドの上告で、MVNOsは栄えるでしょう。」
「モバイル消費者は、今日、まさしく基本的な音声とSMSサービスよりさらに過酷であり、同じ関心、コンテンツ、およびサービスを共有するアフィニティー・グループの一部であることを好みます。」
「私たちは、彼らが自分達の望んでいる目標を達成するのを助けるつもりです。」と言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト