on-the-time.jp

2011年03月21日

アジアで最初のMVNEハブがマレーシアで始まった。

モバイル・マネー

Cellular-Newsが、アジアで最初のMVNE(Mobile Virtual Network Enabler)ハブが、クウェートのリーチ・テレコム・ホールディングス(Reach Telecom Holding)の子会社バラカテレコム(Baraka Telecom)によってマレーシアでセットアップされたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

MVNEは、MVNOサービスを作成したがっている会社を代表してモバイル・ネットワークとモバイルペンイメント・サービスを提供する。

バラカテレコムは、「売り出す時間を減少させるサイズの如何にかかわらずアジア中のすべてのMVNOsを有効にして、実質的によりフレキシブルなプラットホームと、それぞれのモバイル・マーケットの目的セグメントに対するサービスを提供できる」と言った。

バラカテレコムのチェアーマンで、重役メンバーのムハマド・アル-サーイグ(Mohammad Al-Sayegh)は、「マレーシアに投資します。」と言った。
「物凄い成長の機会が現在、アジアのモバイル電気通信セクターにあります。」
「モバイル・マーケットが世界のこの地域では熟すとき、革新的なアイディア、正しいブランドの上告で、MVNOsは栄えるでしょう。」
「モバイル消費者は、今日、まさしく基本的な音声とSMSサービスよりさらに過酷であり、同じ関心、コンテンツ、およびサービスを共有するアフィニティー・グループの一部であることを好みます。」
「私たちは、彼らが自分達の望んでいる目標を達成するのを助けるつもりです。」と言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト