on-the-time.jp

2011年03月21日

ブルースのピアニストとして知られるピントップ・パーキンスが死去。

人物

BBC Newsは2011年03月22日に、最も良い伝統的なブルース・アルバムで、これまでの最高齢でグラミー賞を受賞したブルースのピアニストとして知られるピントップ・パーキンス(Pinetop Perkins)が、97歳でテキサス州オースチン(Austin, Texas)にある自宅で死去したと、彼のマネージャーが発表したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

彼のエージェントであるヒュー・サザード(Hugh Southard)によれば、彼が2011年03月21日月曜日に胸の痛みを訴えて目覚めた後に、心臓が停止して死去したと話している。

ピントップ・パーキンスの80年間にわたるキャリアは、1950年代にイケ・ターナー(Ike Turner)と、その後はマディ・ウォーターズ(Muddy Waters)と共にあった。

また、パーキンスは、2005年に「Lifetime Achievement」、2007年に「Best Traditional Blues Album」でグラミー賞を受賞した。

高齢であったにもかかわらず、彼はオースチンのブルース・クラブを定期的に演奏していた。

彼のエージェントはAP通信通信社に、彼が20以上の演奏を今年予約させたと言っている。

ヒュー・サザードは、
「彼こそブルースです。それ自身です。」
「彼は、そこに住み、それを吸い込みました。」

和田アキ子!これを聞きなさい。
あなたのブルースは、まだ赤子です。

マネージャーを殴った芸能界の暴力団島田伸助と一緒になって、毛はえ薬の宣伝にでているような余裕はないはずです。

一度彼の寿命に関して尋ねられて、パーキンスは、
「私は、絶えず、いつも何か異なったことをしようとします。」と言っている。
新しいブルースを探し続けてきた。

もう一人の伝説のブルース「BBキング」は、
「彼は最後のすばらしいミシシッピー・ブルースマン(Mississippi Bluesmen)のひとりでした。そして、確実に、ピアノを弾くことができました。」
「いなくなると、私が寂しいだけではなく、彼がいなくなると世界中で音楽の愛好者を寂しくさせるでしょう。」
と言っている。

彼のエージェントは、彼の趣味が簡単で、
「彼が欲しかったのは、2個のチーズバーガー、アップルパイ、タバコ、およびかわいらしい女の子がすべてでした。」と言っている。

彼は、毛はえ薬なんて欲しがらない!

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告