on-the-time.jp

2011年03月21日

ブルースのピアニストとして知られるピントップ・パーキンスが死去。

人物

BBC Newsは2011年03月22日に、最も良い伝統的なブルース・アルバムで、これまでの最高齢でグラミー賞を受賞したブルースのピアニストとして知られるピントップ・パーキンス(Pinetop Perkins)が、97歳でテキサス州オースチン(Austin, Texas)にある自宅で死去したと、彼のマネージャーが発表したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

彼のエージェントであるヒュー・サザード(Hugh Southard)によれば、彼が2011年03月21日月曜日に胸の痛みを訴えて目覚めた後に、心臓が停止して死去したと話している。

ピントップ・パーキンスの80年間にわたるキャリアは、1950年代にイケ・ターナー(Ike Turner)と、その後はマディ・ウォーターズ(Muddy Waters)と共にあった。

また、パーキンスは、2005年に「Lifetime Achievement」、2007年に「Best Traditional Blues Album」でグラミー賞を受賞した。

高齢であったにもかかわらず、彼はオースチンのブルース・クラブを定期的に演奏していた。

彼のエージェントはAP通信通信社に、彼が20以上の演奏を今年予約させたと言っている。

ヒュー・サザードは、
「彼こそブルースです。それ自身です。」
「彼は、そこに住み、それを吸い込みました。」

和田アキ子!これを聞きなさい。
あなたのブルースは、まだ赤子です。

マネージャーを殴った芸能界の暴力団島田伸助と一緒になって、毛はえ薬の宣伝にでているような余裕はないはずです。

一度彼の寿命に関して尋ねられて、パーキンスは、
「私は、絶えず、いつも何か異なったことをしようとします。」と言っている。
新しいブルースを探し続けてきた。

もう一人の伝説のブルース「BBキング」は、
「彼は最後のすばらしいミシシッピー・ブルースマン(Mississippi Bluesmen)のひとりでした。そして、確実に、ピアノを弾くことができました。」
「いなくなると、私が寂しいだけではなく、彼がいなくなると世界中で音楽の愛好者を寂しくさせるでしょう。」
と言っている。

彼のエージェントは、彼の趣味が簡単で、
「彼が欲しかったのは、2個のチーズバーガー、アップルパイ、タバコ、およびかわいらしい女の子がすべてでした。」と言っている。

彼は、毛はえ薬なんて欲しがらない!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告