on-the-time.jp

2011年03月21日

将来の津波を予測を助ける日本津波の場面。

BBC Newsは、2011年03月11日に起こった地震の後に、日本の東北海岸の帯状の領域を襲った津波の引き金となったとき、居住者、テレビ・クルー、および固定カメラは、破壊的な波の映像を得たと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

残骸で満たされた水が、家をざーっと通る映像が、世界中で放送された。

しかし、それが直接悲劇を経験するためにどのように感じたかに関する考えを提供することと同様に、専門家は、現在津波の特性をよく理解できて、将来に命を救うことを助けるのに、この映像が使用できると言っている。

カリフォルニア大学(University of California)とギリシャのHellenic Centre for Marine Researchで、過去20年間、20事例以上津波を研究してきたコスタス・シノラキス博士(Dr Costas Synolakis)は、日本から現れる場面が、この知識不足を記述するのを助けるようにプログラムするとBBCに言った。

「私たちは、津波がどのように内陸をあふれて、水浸しにするかを本当に、理解していませんでした。」
「本当に、それが農地であるか否かに関係なく、それが空港であるか否かに関係なく、それが道路であるか否かに関係なく、どういう構造であるかによります。」

「これのすべてが洪水を予測し、さらに良いモデルを開発するために信じられないほど役に立つデータになるでしょう。」
「実際に起こる5、10、15分前に、私たちがそれ対応できたなら、素晴らしくなるでしょう。」
と、彼は言っている。

地震が突然起こるとき、津波の初期モデルは正確に、波のサイズと経路を予測するのを試みる計算と、広大な量のデータ集の何数百万も作成される。

このデータの多くがtsunamographsによって集められ、水の表面の最大5,000m下にある器具、と水圧変化を測定して、情報を近くに伝えるのは支える。

そして、ブイは衛星を通してこのデータを警告センターに送り戻す。

「波が、太平洋の向こう側に伝播し続けるとき、ますます多くのtsunamograph録音が利用可能になるので、予測は向上します。」と、コスタス・シノラキス博士は言っている。

つまり、悲劇は起こったが、日本には多くのハイテク器機が設置され、多くの個人がビデオ付き携帯電話で撮影し、今までに入手できなかった膨大なデータが記録された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。