2011年03月21日

億万長者投資家ウォレン・バフェットが、アジアを徘徊する!

BBC Newsは、金の亡者で、億万長者の投資家悪魔のウォレン・バフェット(Warren Buffett)は、さらにその領域の成長に軽く打ち込むために、アジアへの彼の投資を上げることを目指している。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ウォレン・バフェットの会社バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)は、韓国の髄をむさぼり食うため、全体のビジネスか、大きいキャップシェアを買うことを目指していると言った。

バークシャー・ハサウェイが2006年に買収した金属裁断機製造会社TaeguTecで工事着工を監督するために、バ金の亡者は韓国にいる。

彼は雑誌フォーブズで3番目に世界一金持ちである。

バークシャー・ハサウェイは、既に韓国の鉄鋼メーカーのPOSCO(ポスコ)、中国の車とバッテリーメーカーBYDの株式を保有している。

2010年暮に現金US$380億で、バークシャー・ハサウェイは、より多くのビジネスをむさぼり食うために見ている。

先月の主に向けた年次書簡でウォレン・バフェットは、バークシャー・ハサウェイがさらに広がるように「大規模な企業買収」を必要としたと言った。

先週、ウォレン・バフェットは、彼の今までで最も大きい獲得に加わり、US$90億の価値がある取引で、化学物質と潤滑剤の会社ルーブリゾール(Lubrizol)の買収に同意した。

その会社が米国に拠点を置いている間に、ウォレン・バフェットんは、更なる獲得においてオープンに彼の餌場を保っていると言っている。

彼は、「私たちは買うために大企業を探しています。」「私たちはどんな国にも投資(餌)する準備ができています。」と言っている。

ウォレン・バフェットんは、火曜日にインドへ餌食を求めて、旅を続けている。
彼は、インドで、保険販売ポータルで、産業リーダーに会うことになっている。

実に、金の使い方を知らない豚の散歩である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト