gaYa広告

2011年03月21日

オランダ税務署員に狙われた、アムステルダムの売春婦。

BBC Newsは、オランダ政府は財政赤字を切る新しい方法として、売春婦にターゲットをあてた!と報告した。

いくらで、いつ、だれに、自分の行為を売却したか!?
もうすぐアムステルダムの売春婦は、売春売り掛け帳簿が必要になる。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

売春婦に、他の人が皆払っているような税金を支払わせる新しい計画を持っていることによって、1年あたり何十億ユーロを発生させるかは、産業に叩く望みである。

職員は他の労働者より課税で、彼女をポン引きと人身売買商人の犠牲者であるとみなして、伝統的に、寛大さで売春婦を扱ってきたが、もう少し扱いを変えようとしている。

しかし、セックス産業は年間6億2500万ユーロ(US$8億)を発生させている。

そして、何千人もの潜在的加えられた納税者と共に、当局は、今、現在の多くがそうするまで管理された33%の平均した税金で彼らに追求することを避けられない計画している。

一回、売春売り掛け帳簿ができたら、見てみたい。
多分、帳簿はピンク色で、表紙にはネオンサインが輝くのかもしれ得ない。

アムステルダムの売春街は、ポルノグラフィーのパレードとゲームセンターの間のどこかで何かに類似している。

女性は、世界中からここに来る。

そう言えば、日本人女性が飾り窓にいたといって、大騒ぎになったこともあった。
彼女は稼いだ金で、フランスのお城を買ったという噂まである。

ある人の話では、彼女が、アムステルダムで麻薬をやるのは馬鹿!やるなら売春ね〜と言ったと聞いたこともある。

売春は2000年にアムステルダムで合法化された。
そして、セックスワーカーは現在、自営業のビジネス・ウーマンとして分類されている。
その時、都市は乱暴なスタッグ・パーティとセックス旅行者と同義になった。

ICANNも「.xxx」を認可した。

しかし、ICANNは賭博を認めていないが、セックス産業だけ承認した。

1600年代以来、売春はアムステルダムに栄えている。
その時、オランダはグローバルな海運国であり、首都はオランダの東インド会社にとって、重要な港であった。

この頃は、アムステルダムの風俗産業で働いている女性のおよそ四分の三が東欧、アフリカまたはアジアから来ていた。

マダム、バタフライ!
「利休と秀吉」にも、堺で売り飛ばされたそのような日本人女性が登場する。

彼女たちが、再び日本に帰ってくることはほとんど無かった!

オランダ、売春婦にマイル・サービス計画を開始いている。

スイスには、ドライブ・スルーの売春がある。

オランダは海外派兵に、売春婦を同行させるように要求している。

1975年06月02日、犯罪に遭った性産業従事者の通報に対する警察の対応不足を訴えるめ、フランスのリヨン(Lyon)の教会に同従事者たちが集まったことを記念して、性産業従事者が創設した記念日「国際売春婦デー(International Whores Day)」もある。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト