2011年03月21日

AT&T、ライバルのT-Mobile USAを買収!

BBC Newsは、AT&Tが、以前から売り先を探していると噂になっていたドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の米国子会社で、AT&TのライバルでもあったT-Mobile USAをUS$390億で買収すると言ったと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この取引は、現在ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)に次ぐ、2番目の携帯電話会社AT&Tに、約43%のシェアを与えることになり、米国で最大携帯電話会社になる。

AT&TとT-Mobileは、ニューヨークの地下鉄で契約していることから、ニューヨークの地下鉄はAT&Tが独占することになる。

また、AT&TとT-Mobile USAが、Roamwareの特許違反で起訴されているので、これも一括処理できる。

mocoNewsは2010年02月04日に、WSJからの情報としてドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の子会社で、米国で4番目に大きな携帯電話事業者であるT-Mobile USAが、米国市場から完全撤退するかもしれないと報告していた。

T-Mobile USAは2009年に3Gネットワーク拡大時期に失敗し、多くの顧客を逃がしたことがある。

ただし、ブルームバーグ(Bloomberg News)は2009年09月23日に、ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)が米国を拠点とするスプリントネクステル(Sprint Nextel)社を買収するための入札を熟考していると噂され、それを実現できなかった時点で、身売りを考慮し始めていた。

今回の買収により、iPhoneを含んで、T-Mobile USAの顧客は、AT&Tのラインアップに近づく手段を得ることにもなる。

ただし、この取引は監視委員会から許可が必要になる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告