on-the-time.jp

2011年03月21日

AT&T、ライバルのT-Mobile USAを買収!

BBC Newsは、AT&Tが、以前から売り先を探していると噂になっていたドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の米国子会社で、AT&TのライバルでもあったT-Mobile USAをUS$390億で買収すると言ったと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この取引は、現在ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)に次ぐ、2番目の携帯電話会社AT&Tに、約43%のシェアを与えることになり、米国で最大携帯電話会社になる。

AT&TとT-Mobileは、ニューヨークの地下鉄で契約していることから、ニューヨークの地下鉄はAT&Tが独占することになる。

また、AT&TとT-Mobile USAが、Roamwareの特許違反で起訴されているので、これも一括処理できる。

mocoNewsは2010年02月04日に、WSJからの情報としてドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の子会社で、米国で4番目に大きな携帯電話事業者であるT-Mobile USAが、米国市場から完全撤退するかもしれないと報告していた。

T-Mobile USAは2009年に3Gネットワーク拡大時期に失敗し、多くの顧客を逃がしたことがある。

ただし、ブルームバーグ(Bloomberg News)は2009年09月23日に、ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)が米国を拠点とするスプリントネクステル(Sprint Nextel)社を買収するための入札を熟考していると噂され、それを実現できなかった時点で、身売りを考慮し始めていた。

今回の買収により、iPhoneを含んで、T-Mobile USAの顧客は、AT&Tのラインアップに近づく手段を得ることにもなる。

ただし、この取引は監視委員会から許可が必要になる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト