gaYa広告

2011年03月21日

AT&T、ライバルのT-Mobile USAを買収!

BBC Newsは、AT&Tが、以前から売り先を探していると噂になっていたドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の米国子会社で、AT&TのライバルでもあったT-Mobile USAをUS$390億で買収すると言ったと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この取引は、現在ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)に次ぐ、2番目の携帯電話会社AT&Tに、約43%のシェアを与えることになり、米国で最大携帯電話会社になる。

AT&TとT-Mobileは、ニューヨークの地下鉄で契約していることから、ニューヨークの地下鉄はAT&Tが独占することになる。

また、AT&TとT-Mobile USAが、Roamwareの特許違反で起訴されているので、これも一括処理できる。

mocoNewsは2010年02月04日に、WSJからの情報としてドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の子会社で、米国で4番目に大きな携帯電話事業者であるT-Mobile USAが、米国市場から完全撤退するかもしれないと報告していた。

T-Mobile USAは2009年に3Gネットワーク拡大時期に失敗し、多くの顧客を逃がしたことがある。

ただし、ブルームバーグ(Bloomberg News)は2009年09月23日に、ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)が米国を拠点とするスプリントネクステル(Sprint Nextel)社を買収するための入札を熟考していると噂され、それを実現できなかった時点で、身売りを考慮し始めていた。

今回の買収により、iPhoneを含んで、T-Mobile USAの顧客は、AT&Tのラインアップに近づく手段を得ることにもなる。

ただし、この取引は監視委員会から許可が必要になる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告