on-the-time.jp

2011年03月03日

遅すぎたミシュラン・ガイド!

AFPは2、高級レストラン格付けガイドブック「ミシュラン・ガイド(Michelin Guide)」最新版で、フランスの小さなシーフードレストランが星を獲得したが、この店は閑古鳥が鳴いていたため、2か月前に閉店していたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ノルマンディー地方の漁村アングビル(Ingouville)でレストラン「レ・エートル(Les Hetres)」を経営していた料理人のマックス・ビショ(Max Bichot)は、2011年02月28日に発売された「ミシュラン・ガイド」を見た元従業員から、この店が星を獲得したという知らせを受けたと言っている。

マックス・ビショは、客足が伸びないことから、2010年12月30日に店を畳んでいた。
ミシュランの審査員はそれ以前に店を訪れていたらしい。
ガイドブックでは、「サバの白ワインソースあえ」と「ラタトゥイユとローズマリーを添えたレッドスナッパーのフィレ」が大絶賛されていた。

マックス・ビショは、2001年にも経営していたレストラン「The Inn on the Cliffs」を閉店した過去がある。
その名の通り店が建っていたクリフ(がけ)が崩落する危険があった。

今回の遅すぎた名誉に気を良くして、マックス・ビショはまた別のレストランを始めるのではなく、
「何ともラッキーなことに、恋に落ちた相手がシーフードレストランの経営者だったんだ。彼女の店を手伝うつもりさ。調理場で、今度は気楽にね!」と、AFPに打ち明けたと言っている。

ノルマンディー地方の漁村アングビル(Ingouville)のGoogle Earthポインター情報
49°50'16.61"N,0°41'13.94"E
または、
49.837947, 0.687206

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。