on-the-time.jp

2011年03月03日

麻薬抗争の町で警察署長になった女子大生が、米国に亡命。

AFPは2011年03月04日に、2010年10月にメキシコ北部の町の警察署長に就任した20歳の女子学生が、亡命を求めて米国に渡ったことが2011年03月3日、親族の話で明らかになったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

もしかして、警察署長が不法入国の後、亡命?

メキシコ・チワワ(Chihuahua)州の米国境近くの小さな町、プラセディス・グアダルーペ・ゲレロ(Praxedis Guadalupe Guerrero)では、2010年6月に町長とその息子が殺害された後、警察署長候補の2人が相次いで辞退した。一児の母でもあるマリソル・バジェス(Marisol Valles)がその後に、署長就任を引き受けた。

このニュースは大きな話題になった。

プラセディス・グアダルーペ・ゲレロでは、2010年の1年間で3,100人が麻薬取引をめぐる抗争とみられる暴力事件で死亡したシウダフアレス(Ciudad Juarez)の南東65kmにある町である。

近くの町グアダルーペ(Guadalupe)では2010年12月、町でただ1人の警察官だったエリカ・ガンダーラ(Erika Gandara)さん(28)が武装集団に拉致され、現在も行方が分かっていないと報告している。

プラセディス・グアダルーペ・ゲレロ(Praxedis Guadalupe Guerrero)のGoogle Earthポインター情報
17°57'28.37"N,102°11'24.58"W
または、
17.957881, -102.190161

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。