on-the-time.jp

2011年03月03日

GAOによる、NASAの巨大プロジェクト査定。

米国のGAO(General Accounting Office/米国政府監査機関)は、全体でUS$680億を超えている「21NASAプロジェクト(21 NASA projects)」を査定したと報告した。

「21NASAプロジェクト」で16は、費用とスケジュール基線で確立された実施フェーズを入れた。
「16プロジェクト」の開発コストには、US$9400万(14.6%)の平均した成長があり、そして、スケジュールは平均8カ月成長した。

これらのプロジェクトのための開発コスト総増加はUS$15億であった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

GAOは、16のプロジェクトのうち5プロジェクトが、この増加の圧倒的な多数原因であることが判った。

いくつかのプロジェクトが、2005年の法的要件に対応して基線を報告する前に、起こった費用の成長を得ないので、費用の成長の問題は平均が示す14.6%より多くの重要性があった。

その重要性は、GAOが2009年基線を確立した3年前に過去の間に見直した13のプロジェクトがオリジナルの確認基線からほぼUS$25億の開発コストの総増加で、およそ55%の平均した開発費の拡大を経験した。

これはNASAの最も大きい科学計画JWST(James Webb Space Telescope/ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡)で、おそらく経験した巨額の費用とスケジュールの成長に跳ね返った。

最近JWSTプロジェクトを見直した独立委員会とGAOがプロジェクト職員から入手した情報で見つけたものに基づいて、JWSTはUS$14億以上で最大15カ月であると見積もられ、多大な費用とスケジュールの拡大を報告しそうであった。

GAOがこのレポートのために見直したプロジェクトの多くが技術、デザイン、基金、打上げ機、開発パートナー性能、部品、および契約者管理の領域で挑戦になった。

プロジェクトのために音のビジネスケースを開発するとき、この査定が調達プログラムで特定する挑戦の種類を減少させた。

これらのプロジェクトのために、知識ベースのビジネスケース開発と実行は、挑戦の初期認識を提供して、マネージャが修正措置を取るのを許容して、必要で正当なプロジェクトを成功するより良い立場に置くことができた。

基金を要求して、受け取るとき、それが約束することを達成するので、宇宙開発計画の固有の複雑さはNASAを排除するべきではない。

高いリスク領域としてのNASAの獲得管理に関するGAOの名称に対応して、NASAは獲得プロジェクト管理の有効性を向上させる修正措置計画を開発した。

プランは、改良を測定するために改良のための5つの領域を特定した。それはそれぞれターゲットとゴールを含んだ。

このイニシアチブの一部として、政府機関は、適正水準の蓄えの管理、費用、スケジュール推計、および維持で職員を映し出すのを助けるために新しい費用見積りツール、Joint Cost、およびSchedule Confi dence Levelの実現を続けている。

GAOはこのレポートにおける新しい推薦はしなかった。

その代わりに、GAOは同時に(GAO-11- 364R)、それがさらに詳細に一貫したデザイン測定基準のプロジェクトコストと不足における透明性などのこのレポートで特定された問題のいくつかについて説明するという別のレポートを発行していて、問題を記述した。

このレポートは、今後NASAが計画している巨大「21NASAプロジェクト」の全貌を知ることができる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告