2011年01月31日

中国、重慶の街全体がWi-Fi!

Cellular-Newsは、Ruckus Wirelessが、中国テレコムの部隊重慶テレコム(Chongqing Telecom)が都市全体でWi-Fiホットスポットの大規模に展開のため、スマートWi-Fi製品と技術を選択したと発表したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

重慶テレコムは、現在、都市中のZoneDirector WLANコントローラに伴う屋内の4,000以上でRuckus ZoneFlex、そして、野外のスマートWi-Fiアクセスポイント(Smart Wi-Fi APs)を配備した。

重慶は中華人民共和国で4つのダイレクトに制御された自治体の1つで、3,100万人の人口があり、3万1800平方マイルをカバーして、中国で最大の州である。

RuckusスマートWi-Fiアクセスポイントは現在、5つの地区の中で、、大学からレストランまでわたるさまざまな位置、ショッピングセンターへのオフィスビル、および公共の開催地など何百ものホットゾーンをカバーされる。

重慶は、最も魅力的な価格ポイントで、そのような大規模に関する信頼できる接続性を提供する性能のためRuckusを選択したと言った。

多分、世界最大のWi-Fiになることだろう。

Wi-Fi後進国の日本の政治家の責任は、重大になってきている。

もう化石?

古くさい、爺の政治家が指導できる時代は終わった!

重慶(Chongqing)のGoogle Earthポインター情報
29°33'46.84"N,106°33'5.61"E
または、
29.563011, 106.551558

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。