2011年01月21日

中国アパレル市場、24.8%増で8000億元規模に

新華社は、中国証券網(中国证券网)の李溯婉が2011年01月21日に報告した「国内服装消费额同比增24.8% 」を紹介し、中国国家統計局(中华人民共和国国家统计局)の情報によると、2010年に中国の年間売上高500万元以上の企業による衣類、靴、帽子、繊維製品の小売売上高は前年比24.8%増の5874億元だったと報告した。
2010年12月単月では前年同月比27.3%増の697億元であった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「中国第一紡織網(中国第一纺织网)」の主席アナリストの汪前進(汪前进)は「新消費時代の到来は繊維製品の国内販売市場にとって、間違いなく有利な要素だ」と語り、世界的には1人当たり可処分所得がUS$3000を超えると、社会消費は品質とブランドに注目するようになっており、中国の繊維産業はちょうどこの段階に入ったと分析した。

中国の繊維・アパレル産業はこれまでずっと輸出に過剰に依存してきたが、その輸出も人民元高や貿易摩擦、競争力の低下といった問題に突き当たっており、業界全体の利益低下を招いた。
そのため今後は国内市場の開拓が重要となる。

2006年から2010年までの「第11次5カ年計画」期間中、中国国内のアパレル関連消費は年20%以上の伸び率を維持し、社会消費財小売総額の伸び率を超えていた。

情報サイト「中国第一紡織網(中国第一纺织网)」によれば中国国内のアパレル市場の規模は8000億元を超えており、国内販売も2015年までは15%成長が続く見通しと報告している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。