gaYa広告

2011年01月21日

HTC、四半期にの利益で160%ジャンプ!

Cellular-Newsは、台湾のHTC(宏達國際電子股份有限公司)は2010年の第4四半期を報告し、1年前と比べて、純益が10月から12月の四半期で160%はね上がっていたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

また、前年と比べて2460万ユニットへの受話器売り上げ、量でも倍にした。

四半期の販売は1040億NTドル(US$36億)だったが、純益は146億NTドル(US$5億)であった。

850万台のスマートフォンにおけるこの四半期に販売を予測して、また同時に、アップルのiPadに挑戦するためにAndroidベースのタブレット・コンピュータを製造する計画をしている。

HTCチーフ・エグゼクティブのピーター・チョウ(Peter Chou)は、
「それは多くの競争相手がいる新しい市場です、そして、私たちはそれに急ぎたくはありません。」
「私たちが結局公開する製品が消費者の需要を満たすものになることを願っています。」と言っている。

早い時期は、大混戦になり、どんどん落ちていって、残ったのと戦う!
凄い作戦!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト