2011年01月21日

がらくた屋アーティストのハローン・ミルザは£1万6500の賞を受賞。

BBC Newsは、彼の展示会に使用するため、がらくた屋とeBayを捜し回ルアーティストが北アート賞(Northern Art Prize)を受賞し、£1万6500を勝ち取ったと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ハローン・ミルザ(Haroon Mirza)が得た賞は、中古のプレーヤーとラジオが、音の芸術、映像、および19世紀の絵に結合した。

この賞は4年前に、イギリスの北部で働いている現代アーティストを披露するために設立された。

シェフィールドに拠点を置く33歳のハローン・ミルザはリーズ美術館(Leeds Art Gallery)で賞を受けた。

審査員であった作家で放送局のマーク・ロースン(Mark Lawson)は、ミルザが「新しくて古い技術の組み合わせにより、奇妙で驚異的な音を引き起こすオリジナルで、そして即効性の断片を生産する。」と言った。

インストールされた「Anthemoessa」は、Sirensが美しい歌でギリシャ神話の島から疑わない船員を誘い出し、彼らが死ぬまでの名前から命名された。

eBayと、がらくた屋で見つけられたヴィンテージ物のラジオとプレーヤーは、映し出されたフィルム・クリップとエドワード・アーミテージ(Edward Armitage)の1888と並んでひずみの音楽的な音と一緒に、Sirenを塗装して置かれている。

ハローン・ミルザは、
「それは、人の終焉を呼ぶものです。」
「それは、祈りへの呼び出しです。」
「それは、死への呼び出しです。」
「それは呼ぶことであり、宗教、その時はSirensの呼ぶことということです。」
「それらの2つのことを並置に入れると、両方のものの意味は疑問になります。」と言っている。

他の選抜候補リストに入れられたアーティストは、アレク・フィンレイ(Alec Finlay)、ルバイナ・ヒミド(Lubaina Himid)とデヴィッド・ジャック(David Jacques)で、指名されたすべての4人の作品はリーズ美術館で2月6日まで展示されている。

リーズ美術館(Leeds Art Gallery)のGoogle Earthポインター情報
53°47'59.49"N,1°32'54.20"W
または、
53.799858, -1.548389

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。