gaYa広告

2011年01月14日

中東のスマートフォン浸透率、世界平均より45%高い !

Cellular-Newsは、モバイル広告代理店InMobiが2010年7月〜2010年10月の間の中東のモバイル広告傾向への「snapshot look」を発行したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この研究調査によって、中東ではノキアのデバイスがまだすべてのモバイル広告印象の2/3を占めていることが判った。

また、研究調査によって、スマートフォンが全体の40%であることが判り、これは世界平均より45%高い。
アップル(Apple)のiPhoneアは3カ月で18ポイントのシェアを獲得したが、それは主要国でInMobi販売促進によって一部後押しされたと言っている。

InMobiのGlobal ResearchとマーケティングのVPジェームズランベルティ(James Lamberti)は、「中東でのモバイル広告の成長は、グローバルなモバイル暴動として歩き回り続けています。」
「現在の成長傾向での市場は、わずか数カ月後に毎月10億レベルを越えるでしょう。」
「その領域は若くて、モバイルのひたむきな人口がグローバル化をじっと見ながらモバイル・メディア消費として現れている開発者社会を追い立てている非常におもしろい生態系を表します。」コメントした。

つまり、中東をターゲットにしたビジネスはテレビより、モバイル広告なのかもしれない。
しかし、中東のテレビ効果は、比較例がないことから判らないが、さらに凄いのかもしれない。

モバイル広告表示回数は、その領域の90日間で毎月7億5200万回まで51%成長した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。