2011年01月13日

Experianはスマートフォン所有者に、Wi-Fi使用で警告!

モバイル・マネー

ソフトバンクのiPhoneやiPad、さらにはNTTドコモやKDDIのauでAndroidスマートフォン利用者が、Wi-Fiを使用している場合、スマートフォン先進国イギリスから届いたかなりショッキングなレポートかもしれない。

Cellular-Newsは、自分のスマートフォンに自らの機密情報を保存して、オンラインになるのに不安定でセキュリティがあいまいなWi-Fiネットワークを使用するなら、スマートフォン・ユーザーが彼らのアイデンティティのセキュリティを危険にさらしているかもしれないと警告したと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

新しい研究調査は、Experianのアイデンティティ保護サービス「ProtectMyID」が実施した。

その研究調査から、
- オンラインで買い物をするとき領収書やクレジットカードの詳細など機密情報を含んでも、およそスマートフォンユーザーの2/3(65%)は、それらのスマートフォンでメールを送って、保存している。

- スマートフォン・ユーザーの半数以上(53%)は、スマートフォンからソーシャル・ネットワーキング・サイトにアクセスしいる。

これは容易に名前のような情報の主要な断片と出生の日付、オンライン・バンキングにパスワードとして一般的に使用される他の詳細アカウントなどを明らかにするかもしれない。

- およそスマートフォン・ユーザーの1/3(29%)は、店で休憩している間に使用されたり、都市のセンターでしばしば見つけられる不安定でセキュリティがあいまいなWi-Fiホットスポットなどのネットワークを使用していることから、電子立ち聞きする者には、絶好の場所になっている。

- およそスマートフォン・ユーザーの1/5(19%)は、公共のWi-Fiを使用している間に、それらのアカウント、暗証番号、およびパスワードを危険にさらして、オンライン・バンキングを行うと言っている。

イギリス内務省は、携帯電話身分詐称、昨年の前半の(74%)にもかかわらず、Protect My ID調査に参加したスマートフォン・ユーザーの半数以上の四分の三が問題に完全に気づかないことが判った。

Experian Interactiveの専務理事ピーター・ターナー(Peter Turner)は、
「平均したスマートフォンに関する個人情報はID泥棒の金粉に似ています。そして、私たちの多くが公立のWi-Fiネットワークを使用することによって、これをプレートに置いているかもしれません。」
「犯罪者は、携帯電話の所有者のふりをして、その人のアカウントを消耗させて、彼らの犠牲者の名前の負債を上げて、新規取引先を開くのさえ、この情報を使用できます。」
「しばしば、人々がそれについて最初に知るのは、彼らが要求を彼らが利用しなかったサービスの支払いのために、または、彼らがこれまで耳にしなかった口座のために受ける時です。
我々は、確かに、犯人がスマートフォンのアドレスを変えて、新しい送受話器を注文して、巨額の紙幣をこしらえたケースがあったことが判りました。」と言っている。

スマートフォンを利用して、なWi-Fiホットスポットなどのネットワークを使用する場合には、安全性が完全に補償されていないことを知り、「モバイル・マネー」「モバイル・バンキング」「モバイルペンイメント」を利用するには独自のセキュリティ・システムを採用すべきと言える。

誰かが守ってくれるという考えは、危険すぎる。

BBCの技術通信員であるがマーク・ワード(Mark Ward)がBBC Newsで2010年08月09日に、スマートフォンの悪意があるアプリケーションを作成するのがどれくらい簡単であるかを示したと報告した。
役に立つプログラムと同じ機能を使用して悪意があるアプリケーションを開発することで、専門家は、悪意があるアプリケーションを見つけることを困難にしていると言っている。
30万のスマートフォン・アプリケーションを追跡して研究調査した結果、それらの1/3の内部機能を写像したと報告している。

イタリア警察が2010年07月05日に、2006-08の間に間違って登録されたプリペイSIMカード(PrePay SIM cards)の発行を覆った詐欺容疑でテレコムイタリアを調査した。
イタリア税務調査官( Italian tax investigators)の発表によれば、テレコムイタリア(Telecom Italia)は、2007年に初めにビツェンツァ検察庁(Vicenza Public Prosecutors Office)によって着手され、指摘することを切望している。
税金警察によると、架空、または死んだ人々の名前を使用するなど、約3万7000個のSIMカードが何らかの問題があった。
PrePay SIMカードは、これからのプリペイド式モバイル・マネーの主役であり、もっとも活躍することになることから、徹底的捜査方法の確立が将来のプリペイド式モバイル・マネー信頼にもつながる。
プリペイSIMカード(PrePay SIM cards)の導入は、完全に世界規模になっている。

BBC Newsは2010年10月12日に、GCHQ(Government Communications Headquarters/政府通信本部)のヘッドが、イギリスの送電網(power grids)や緊急サービス( emergency services)などのイギリスの重要インフラは、サイバー攻撃の「本当で確かな脅威」に直面していと言ったと報告した。

Cellular-Newsは2010年10月28日に、ABI Researchのレポートを紹介し、SIMカードは2010年に10%拡大し、出荷が38億にアプローチしていると報告した。
同時に、MNOsは、セキュリティを最大にして、それらの将来のデータサービス収入を制限できた第三者アプリケーション・ショップの脅威と戦うために取り組みで、SIMカードでどのサービスが最も良いかを評価している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。