on-the-time.jp

2011年01月13日

マラウィ・モバイル・ネットワークが情報相を贈収賄で起訴!

Cllular-Newsはブルームバーグ・ニュース(Bloomberg News)からの情報として、アフリカでしばしば開発が遅れていると指摘されてきたマラウィのモバイル・ネットワーク事業者「G-モバイル(G-Mobile/Globally Advanced Integrated Mobile Networks Limited )」は、電気通信規制者から罰金の減少を得るため、贈賄をするように申し立てた後に、マラウィ政府の情報相サイモン・ブワ・カウンダ(Minister of Information Symon Vuwa Kaunda)を訴えると言ったと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

「G-モバイル」にネットワークを配備するプレッシャーを与え、遅れていることで罰金US$690万は監視委員(MACRA/Malawi Communications Regulatory Authority)から課された。

情報相サイモン・ブワ・カウンダは、罰金を免除するために、彼に500万Malawi Kwacha(US$3万3160)を支払うように申し立てたと「G-モバイル」の副プレジデントであるリンバニ・カリラニ(Limbani Kalirani)は訴え、強く反駁させた。

監視委員はさらに、ライセンスの取り消しまで言い出し、脅していたと訴えている。

ブルームバーグ・ニュースは、
「公務員と戦うということが、私たちの意志ではなく、私たちに別の方法で強制的に思わせたカウンダ大臣です。」
「私たちは私たちのイメージから、法の基に法廷で保護を求めざるを得ません。そして、名前が汚されています。」
と声明で話している。

カウンダ大臣は、その訴えられた贈収賄の弁明をしないことから、国の反汚職局(Anti-Corruption Bureau)か警察のどちらかに嫌疑のかかっている贈収賄の試みについて、法律によって48時間以内に報告する必要がある非難も受けた。

彼は現在、その後に行われるどんなの調査にも協力すると言った。

「G-モバイル」は、マラウィで3番目のモバイル・ネットワークとして2009年4月にライセンスを与えられ、その年の終わりまでにネットワークを始めることになっていた。

監視委員は、罰金を会社に課して、繰り返して着手の締め切りを伸ばしてきた。

ネットワークを始めるために2010年末まで会社を与えた。

どちらもいい加減な約束をしているようだが、発展途上国では良くあることで、
例えば、
BBC Newsは2010年10月19日に、フィジーが、イギリスから独立勝利の40周年を祝ったとき、政府は、1970年にチャールズ皇太子(Prince Charles)によって大臣に寄贈された法的な独立を確認した法律文書「Independence Order」をなくしたことを認めたと報告した。

Cellular-Newsは2010年10月19日に、カンボジアの新聞プノンペン・ポスト(Phnom Penh Post)からの情報として、モバイル・マネーがサービスが地方条例に従っていないという関心に続いて、GSM Associationがカンボジアでモバイル振替サービスのための基金を引いたと報告した。

Cellular-Newsは2010年10月24日に、モザンビーク政府が携帯電話ユーザーに課税し、同等に税金をネットワーク事業者にも要求し、間違った二重の税金制度を議会が承認したことで混乱していると報告した。
パウロ・ズクラ大臣は、元々発行されていた法令に誤りがあったと言った。
それが修正される前に、プリンタに送られて、大臣は議会で承認されたと主張した。

Cellular-Newsは2010年11月01日に、アルジェリアの新聞 El-Khabarは、アフマド・オウヤヒア首相(Prime Minister Ahmed Ouyahia)のアルジェリア政府が、Orascom Telecomの現地子会社Djezzyを買い取ることになっているが、Orascom Telecomが債務を果たして、支払った後に、買収をすると言ったと報告している。
発展途上国では、負債を放り出して逃げる危険性が大きいことから、その牽制と言える。

BBC Newsは2010年11月29日に、日曜日に行われたハイチの大統領選の投票で、18人の候補のうちの12人は選挙違反で取り消されるべきであると報告した。

発展途上国では、普通の常識では考えられないことが起こる。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告