gaYa広告

2011年01月13日

モバイル市場はUS$1兆で伸び悩む!?

Cellular-Newsは2011年01月13日に、Strategy AnalyticsのWOS(Wireless Operator Strategies)サービス・レポートを紹介し、消費者から利益を得られた携帯電話会社が、不況の後に費やすのに従って2010年に加速されたすべてのモバイル・サービス収益の成長が、2011年は同様の後押しが無いかもしれない予測したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この業界がUS$1兆の収益に向かうとき、収益の成長が2011年に4%に遅くなると予測している。

世界が2014年前半までに100%の浸透率に近づくのに応じて、モバイル利用者は、2011年に60億を通過する。

重要な新規申込み成長の機会は、伝統的なモバイル・ボイス・サービスのますます飽和した市場が、グローバルな成長率が遅くなるが、携帯電話会社のためには、新しい関連デバイス・カテゴリで存在している。

Wireless Operator Strategiesのディレクターで、レポートの執筆者でもあるフィル・ケンドール(Phil Kendall)は、
「2010 全体的に見て向上した携帯電話会社にとって、良い年はマクロ経済の気候でした。」
「しかし、利用の成長が、よりマージンの業界に移行するとき、私たちは、プレ不況成長率へのリターンを見ないでしょう。そして、産業で頼りになる収入源のモバイル声は最高潮に達します。」と言っている。

Broadband Opportunitiesのモバイル・ディレクターであるスーザン・ウェリッシュ・デ・グリマルド(Susan Welsh de Grimaldo)は、
「3Gと4Gネットワークは、ますます収入を支配していて、成長が開発された市場にまだ集結されている状態で、今年、すべての世界的なモバイル・サービス収入の半分を占めるでしょう。」
「来年からは事業者が、より手頃な3Gデバイスで、より高い支出セグメントを超えてサービスを押すことができるのに応じて、Global 2G購読は低下し始めるでしょう。」と言っている。

ただし、先行グループは伸び悩みの壁と共に、LTEなどへの投資が重くのしかかり始める時期に来ている。

そして、それは改善されるどころか、真綿で首を絞められるようにどんどん厳しくなり、苦しむことになる。
つまり、頂点に達したことが確認される。

また、これまで絶好調であったソフトバンクは、iPhoneやiPadに似たデバイスが市場に急増し、確実に蜜月の時期は過去の栄光になってくることだろう。

もっとも、それを乗り切ることはソフトバンクにとって、最初から判っていたことであった。

Appleは、コンテンツ市場に乗り換えているが---

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。