gaYa広告

2011年01月13日

星の形成結果を示す「Messier 82」

NASAは、オーバードライブ上で星の形成結果を示す「メシエ82(Messier 82/M82)」のチャンドラX線宇宙望遠鏡(Chandra X-ray Observatory)からの新しい画像を公開した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

宇宙がはるかに若かったときに、多くの星が形成している「M82」は、地球から約1200万光年離れたところに位置していて、私たちにとって最も近い場所にある。

「M82」はいわゆるスターバースト銀河で、そこで星は、正常な銀河より10倍から何百倍も高速で形成している。

星の出生炸裂は、別の銀河との近接遭遇か衝突で引き起こされるかもしれない。

銀河が他の銀河の近くを通るとき、急激な衝撃波を送る。

「M82」の場合に天文学者は、何百万年も前に隣接していた「M81銀河」のブラシがスター形成の急流を始めたと考えている。

チャンドラからの「M82」のX線画像は、10時方向から4時方向に低エネルギーX線画像を「赤」、中エネルギーX線画像を「緑」、高エネルギーX線画像を「青」で表されている。

今までのところの画像による104ポイントのようなX線源のうち8は何年もの期間にわたって、X線で非常に明るく、その明るさで明確な変化をすると認められた。

これは彼らが、太陽よりはるかに大規模な伴星から資料を引くブラックホールになるような立派な候補者であることを意味している。

一握りのそのような1つの2進のシステムだけは、Local Groupで銀河が天の川と「M31」を含むことで知られている。

また、チャンドラ観測にとっても、超新星が「M82」のようなスターバースト銀河で爆発する急速な速度を理解するころにおいて重要である。

衝撃波が銀河を通して伝わるとき、それらは、ガスとほこりの巨大な雲を押し、ほこりは大質量星を潰して、形成することを引き起こしている。

これらの星は、順番にすばやく彼らの燃料を使いきって、超新星として爆発する。

これらの超新星は銀河のディスクから何光年も離れたところに、何数百万も広がる億万度のガスの拡張気泡を発生させる。

これらの気泡は、広大な赤い領域として、画像では右上から左下で見ることができる。

Credits: NASA/CXC/Wesleyan Univ./R. Kilgard et al

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。